自宅トレ必須器具

【初心者おすすめ!】1000円台でスタートできる、自宅筋トレグッズ 4選

2022年12月28日

【初心者おすすめ!】1000円台でスタートできる、自宅筋トレグッズ 4選

初心者にもおすすめ!1000円台で手に入る筋トレグッズで、Easy Training!

ということで、安く手に入るのに本格的に鍛えられる筋トレグッズを選んでみました。
安けりゃ安いほどいいってことで、できる限り1000円台という縛りにしてみましたよw。

自重トレーニングにプラスオンでかなり本格的に鍛えられますよ。初心者でも使いやすく、安ければ安い方がいいからね。しかも頑丈で長持ちならさらに良い!ってことでw。

筋トレグッズは、上を見たらきりがないですからねぇw。
ダイエットトレーニングだったりしたら、仰々しいデカイグッズはNGですよねww。
予算的にキツイ、住宅事情を考えたら大型器具なんか部屋に入んないって人の方が多いことでしょう。かく言う私もお仲間ですw。だからと言って毎月高い金出して順番待ちするようなジムになんて行くのはバカバカしい。
というわけで、低価格で、腹筋・胸筋・体幹だけでなく、その気になれば全身くまなく鍛えられるものを選んでますよ。
トレーニンググッズも突き詰めると部位専門になって値段も高くなるからねぇ、なかなか難しいですわw。

ぜひ筋トレ道具を揃えて、自宅トレをワンランクアップしましょう。

筋トレグッズ 腹筋のための腹筋ローラー

腹筋ローラー

もう、私のサイトと言えば腹筋ローラーですよねw。
腹筋1000回やるより腹筋ローラー毎日20回やったほうがシックスパックのバキバキ腹筋になりますよ。

スタンダードタイプ

【Amazon限定ブランド】 ボディテック(Bodytech)  腹筋ローラー マット付 耐荷重200kg ダブルローラー ワイドローラー 静音

一番売れてるだけあってよくできてるBodytechのアブローラー。

1000円ちょっとです。ぶっちゃけ1000円以下の腹筋ローラーもあるんですが、結構音がうるさい。一戸建てだったらまだいいですが、マンションやアパート、ましてや賃貸なんて場合だとこの音は結構響くし床にキズなんてこともありえます。そう考えると数百円高くてもこっちの方が私の経験上安上がりだと思いますよ。
ベアリングが入ってるので静音、スムーズで静か。タイヤもゴムで突起がないのでゴロゴロ音もしないです。ベアリングにグリースかCRC-556を定期的に注入すれば相当もつんじゃないですかね?

正直ほかの腹筋ローラーも1000円~2000円台、高くても3000円ちょいって感じです。
結構デザインや好みのメーカーが選べるので腹筋・体幹を鍛えたいならおすすめグッズです。

ちなみに唯一の欠点としては、初心者までカバーするために2車輪でしかも間が空いていることですかね。
確かに安定するんですが、不安定にするともっと強度が上がって体幹とバランス、腹筋の横の側筋まで鍛えられるんですが・・・まあ、しょうがないですかねww。

最近の流行の一輪タイプ

最近の1輪タイプで静かでヤバそうなのはこれかな? ↓↓↓

AUOPLUS 腹筋ローラー 膝マット付き アブホイール 腹筋 トレーニング器具 筋トレグッズ エクササイズローラー 体幹 ストレッチ ダイエット器具 アブローラー

静音1輪タイプだったらこれは結構キテると思うよw。
これもほとんど同じぐらいの値段ですが、AUOPLUSは大型の樽型タイプに見えるタイヤの幅だけど、実は普通の腹筋ローラータイプで余計なギミックが一切ついてないシンプルなタイプです。特質すべきは1輪タイプでタイヤが尖ってる点。不安定さがあるタイプでは一番安いww。下手なブランド名やギミックで値段が上がったものを買うより、純粋にキツイこっちの方がおすすめ。
1輪はハードタイプと聞いてるけどちょっと使いこなせるか不安という人におすすめ。
意外と間口が広い一輪タイプですww。

ハードタイプ

超ハードなのを狙うってなら、これ ↓↓↓

【Amazon.co.jp限定】アルインコ(ALINCO) エクササイズホイール EXG229A 腹筋ローラー

アルインコは通常のローラーサイズの半分しかなく、超静音。ハンドル位置が低いだけで単純にハードになるので、こちらもよりきついモデルを探しているならおすすめです。

腹筋ローラーでの腹筋の鍛え方・バリエーションは別ページで解説してるのでそちらを参考にしてください。

筋トレグッズ 腕を鍛えるプッシュアップバー

プッシュアップバー

な~んだ、腕立て伏せの時のあの補助バーか、なんて言ってる人、甘いですwww。
プッシュアップの強度を上げるものだと思ってる人が多いですが、実際は可動域を広げるので強度が上がったと感じると思った方がいいです。腕や肩はもちろん鍛えられますが、可動域が広がって最も鍛えられるのは胸部です。下手すればこの簡単な器具だけでベンチプレスに相当するトレーニングができるので侮れません。
試しに雑誌とかを積んでつま先の足の位置を15cm上げてみてください。それだけでも相当な強度になることが分かると思いますよ。

値段的に言えば1500円前後~1000円以下といったところです。
プッシュアップバーはいろんな種類がありますが、大きく分けると3種類に分かれます。

傾斜がついたタイプ

Reodoeer プッシュアップバー 腕立て伏せ 筋肉トレーニング

今最もポピュラーになりつつあるタイプで、ABSプラスチック製やスチール製など種類が増えてます。軽くて滑りにくく手元に向かってバーが斜めになってるタイプです。
この握りやすく手首が痛くなりにくい斜めの角度がかなりいい。まさにプッシュアップ専用のバーといったところです。

水平タイプ

GronG(グロング) プッシュアップバー 腕立て伏せ 筋力トレーニング ブラック

これはバーの部分が地面に対して水平になってるタイプで、ちょっと前までプッシュアップバーと言えばこれでした。(これは滑り止めが大きい太めグリップタイプ)
上のタイプとは角度がついているかついていないかだけの違いで、素材も同じABSプラスチックやスチール製など様々です。
このタイプも意外と愛用者が多く、私もその一人ですw。何がいいって、角度がついてないので応用範囲が広いんですよね。プッシュバーとしても使えるのですが、あん馬遊びや平行棒のように使ったり、倒立までできますw。
アイデア次第で汎用性が出てくるので頭を柔らか~くして使ってください。

金属タイプ

adidas(アディダス)プッシュアップバー 腕立て伏せ 筋力トレーニング

ちょっと予算オーバーだけど、最近増えてきた金属製のプッシュアップバーです。
水平バーなので上のタイプと同じで汎用性は高いです。
このタイプの何がいいって、金属製なのでガッシリしててプッシュアップ中に軋みや歪みがないことですね。ある程度の重さがあるのも安定感があって違う意味で使えます。あとは重ねてしまえるところが上の2タイプにはない便利ポイントです。上の二つはどうしても場所を取るんですよね。
あと、金属の男心をくすぐるうねっとした感じとこの重量感! カッコいい! ←これ重要ww。

正直気に入ったのであればどれを選んでもいいと思います。
スポンジ部分はいつかダメになるとは思うけど、本体はちょっとやそっとじゃ壊れないものばっかりなので、一回買ったら20年は使えんじゃない? コスパで考えるととんでもない代物ですわw。

腕立て伏せについても別ページで詳しく解説してるので、正しいやり方を参考にしてください。

筋トレグッズ ゴムで万能トレーニングチューブ

トレーニングチューブ

ダンベルを買っても置き場所や振り回しても大丈夫なスペースを確保できない場合なんかはトレーニングチューブって結構重宝します。
工夫次第でかなり強度を上げてトレーニングできるのはフィットネス系トレーニングに取り入れられてるのでよく知られていると思います。
値段も高強度で一本1500円前後と今回の予算にもばっちりですw。

トレーニングチューブは大きく分けると「チューブタイプ」と「バンドタイプ」の2つに分かれますね。
バンドタイプはフィットネス系のトレーニングによく使われてますが、筋トレベースであれば、応用範囲の広いチューブタイプの方が私はおすすめかな?

チューブタイプ

D&M ディーアンドエム THERABAND セラバンド セラチューブ トレーニングチューブ トレーニングバンド ストレッチ エクササイズ インナーマッスル リハビリ 3m

チューブタイプはそのまんまチューブ状の2~3mのゴムひもです。
筋トレベースで考えるなら、最高強度MAXの抵抗の強いタイプの方がおすすめです。2mもあれば2重3重に重ねられるのでさらに強度は上げられます。このぐらいの方が応用がきいていいですよ。ほぼ全身トレーニングに使えます。

これらの特性をうまく使って本格的なトレーニンググッズにしてしまってるのもあります。↓

WHATAFIT トレーニングチューブ 68kg チューブ トレーニング 筋トレチューブ

ちょっと予算オーバーですが、ダンベルを買うスペースは無いけど本格的なトレーニングがしたいっていう人にはおすすめです。
やっぱりアイデア次第ってところはありますけどねw。

バンドタイプ

TheFitLife トレーニングチューブ 筋トレチューブ 懸垂チューブ

バンドタイプは短い長さで輪になっているタイプが多いですが、それはどちらかというとフィットネスに特化していると考えた方がいいです。
筋トレ用には長さがないとダメです。同じバンドタイプでも探せばこういう2mクラスが結構あります。

ちょっと予算オーバーですが、バンドタイプであれば最終的にこの手の長いタイプの強力なものを選んだ方が安っぽくなくていいです。もう一つ下のランクの強度タイプで1000円台にできますが、筋トレ用だと考えれば最強MAXのこっちの方がいいですね。

ちなみに、ちょうど中間の、ゴムの布みたいなのみたいなのはこれ↓

フィットネスバンド エクササイズバンド WRei ループバンド トレーニング チューブ ヨガバンド レジスタンスバンド 色別強度別3本セット

私も使ってて、意外と重宝してます。
まあ、本当に使い方次第ってところですね。
自宅で手頃に筋トレっていうのであれば、最高の相棒でしょう。

ゴムチューブの特性

ただし、ゴムの特性は覚えておいた方がいいです。
ダンベルの場合、上げても下げても重さは変わりませんが、ゴムは伸ばした時が最強強度になります。つまりポジティブに強くネガティブに弱い特性になるってことですわ。とはいえ、かなり追い込みはできるので一度は使ってみることをおすすめしますよwww。

筋トレグッズ 体幹強化バランスボール

バランスボール

バランス感覚と体幹を鍛える器具としては超有名なバランスボール。
イメージとしてはお姉ちゃんがフィトネストレーニングに使ってるって感覚が大きいと思いますが、残念、男性の筋トレグッズとしても大活躍します。

バランスボール

男性が使う場合はやっぱり重さで破れないか、滑らないかが気になるポイントです。
安いのであれば1000円台でもあるんだけど、さすがに全体重預ける物になるので、それなりの物を、となるとちょっと予算オーバーになっちゃいますね。
それでもこのバランスボール1つあるとトレーニングのバリエーションが格段に上がるのでぜひ手に入れておきたいグッズです。
厚手で滑り止め加工がされているもので、いきなりパンクしたりしないタイプがおすすめ。

Trideer バランスボール 55cm 65cm 厚い 耐荷重150KG アンチバースト 滑り止め フットポンプ付き

一応条件をクリアしているのはこの辺りですかね。
イス代わりに使ってたりするのはこのタイプが多いです。後は身長でサイズを選んでくださいww。

ただ、バランスボールで55cmを超えてくると、狭い部屋だと結構ジャマ。そういう場合は、同じようなバランス効果を求めて、バランスボードやバランスクッションという選択肢もありかなぁ。

バランスディスク

Trideer バランスディスク バランスクッション(ポンプ付き 厚い アンチバースト 耐荷重 300KG)体幹トレーニング

友人宅にこれがあって、これを使ってスクワットとかやったことがあるけど、メチャメチャハードで私はうまくできなかったことを思い出しましたwww。
せっかく自宅トレに取り入れるのであれば、ちょっとジムなんかでは鍛えない方法ってのもありだと思いますよ。
まあ、完全に予算オーバーなんだけどねww。

1000円台でスタートできる、自宅筋トレグッズ まとめ

【初心者おすすめ!】1000円台でスタートできる、自宅筋トレグッズ 4選

今回は1000円台で基本全身を使って、かなり本格的なトレーニングができるグッズをピックアップしました。
実際もっと探せばいろいろ出てくると思いますし、部分トレーニングに絞って考えれば、ふざけてんのか? っていうような、かなり面白グッズっぽいものまで盛りだくさんですww。

筋トレの場合、モチベーションを維持するのが大変だったりしますよね。
私は時々こういったちょっと面白グッズを探したり人に聞いたりして、自分があまり意識してなかった方向性の物を買ってみて、新たなモチベーションにしてたりしてます。

ジムに通ってる人でも使える手だと思うので、試してみてw。
意外と面白いですよ!

筋トレグッズの選び方・使い方に関する記事もチェック

このページについてはまとめ記事にしてます。気になる方はチェックしてみてください。

まとめ記事

-自宅トレ必須器具
-, , , ,