筋トレグッズの選び方

【レビュー】ダンベル買ってみた!IROTEC(アイロテック)ダンベル40kgセット。使用感など感想♪

2019年1月3日

【レビュー】ダンベル買ってみた!IROTEC(アイロテック)ダンベル40kgセット。使用感など感想♪

いい加減ボロだったダンベルセットを買い替えてみました。
前回ダンベルの選び方を書いてたら、無性に欲しくなってしまい、買っちゃいました。

購入したのはIROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)。
60kgのセットでもよかったのですが、5kgのプレートはすでに4枚以上持ってるし、安普請の床の方が心配だったので、今回は40kgセットです。

この程度の器具の買い替えで筋トレのモチベーションが上がるんなら安いもんですよ。
自宅トレーニング派にとって、筋トレモチベーションを維持し続けるのって、結構大変。怠けようと思ったらいくらでも自分のさじ加減で怠けられるので、こういった新しい器具や変わったトレーニンググッズって、いい刺激剤になるんですよね。
ついつい私はいろんな器具を買ってしまいます。

さて、いらなくなったシャフトやプレートって、どうやって捨てるんだ?
粗大ごみ扱いで市に連絡しないといけないのかな?
以前ベンチ買い替えたとき捨てるのに結構金がかかった気が・・・・

関連記事
ダンベルの選び方!筋トレ初心者おすすめの選ぶポイントから重量まで
ダンベルの選び方!筋トレ初心者おすすめの選ぶポイントから重量まで

遅まきながら、筋トレのトレーニング器具の定番、ダンベルの選び方のポイントをまとめてみました。 ダンベルは一度買ったら腐るものではないので、いつまでもあります。例えば私のダンベルの一つは30年以上前に購 ...

続きを見る

IROTEC(アイロテック) ラバーダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)を開封・組み立て

やっぱりアイロテックです。
アイロテックちょっと高いけどかっこいいから大好き。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット(片手20kg×2個)【スチールダンベル】

今回もいつも通りAmazonで購入。
届くまでに一週間ぐらいかかるかな、と思っていたら月曜日に頼んで木曜日には届きました。早!!
価格は税込み11,989円ナリ。12,000円で11円のおつりがくる計算だ。もちろん送料無料。他のメーカーからするとアイロテックは割高とは言え、ずいぶん安くなったもんです。運送屋さんには申し訳ないけど、この品質で家まで届けてくれてこの価格はちょっと前ではありえないですよね。Web通販の普及のおかげ! バンザイ!!

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

荷物は2つに分かれて配送されてきました。
以前は3つだったと思うけど、まあ、運ぶ手間が省けていいですけどね。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

中身は一つ一つ丁寧に梱包されています。
この辺がちょっと高めのアイロテックならではです。
配送中にガチャガチャぶつかってキズがつくということはまずあり得ないでしょう。シャフトも専用段ボールケースに入ってました。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

保護ラバーのゴム。以前はもっとしっとりしたオイルっ気があったと思いましたが、品質が変わったのかな? かすかにオイルの気配がする程度。気をつけてみてないと分からないレベルです。これだったら手や服にオイルがつくことはないですね。乾拭きしなくてもいいでしょう。ゴムの臭いもかなり鼻を近づけてクンクンしないと分からないぐらいです。
ずいぶん良くなったなぁ~、と感心。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

プレートの断面処理。プレートはラウンド処理されていて、きれいなものです。パリなんてできる余地すらない。さすがアイロテック。ゴムのカバーをつけるのがもったいないぐらいです。
安物はここの加工処理が雑なんだよね。ゴムはいつか経年劣化で取れてしまうのですが、その時出てきた裸のプレートのカッコ良さが、またやる気にさせてくれるんだよね。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

保護ラバーの取り付け。
他のサイトなどでは「ラバーが堅い」「かなり力がいる」「指が痛くなる」「時間がかかる」などラバー取付で苦労している人が多いようですが、私は一瞬で終わりました。
秘密は車や単車のタイヤ交換用のペグです。
チューブレスタイヤが主流になってしまったので持ってる人少ないかなぁ、ちょっと前まで車載工具に常備だったんだけどね。自分でタイヤ交換する人はこの金属製のペグ持ってると思うけど、これを使うとテコの原理で入れ込めるのでまったく力がいりません。タイヤに比べたら軽い軽い。一枚10秒もかかんないであっという間に終了です。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

細部の確認。ちょっと繊細さがあってステキ。まだ新品なのでちょっと滑りが良すぎますが、使いこんでくるといい感じにすりあわされてなじんでくるんですよね。
細かいチェックポイントはダンベルの選び方を見てください。

関連記事
ダンベルの選び方!筋トレ初心者おすすめの選ぶポイントから重量まで
ダンベルの選び方!筋トレ初心者おすすめの選ぶポイントから重量まで

遅まきながら、筋トレのトレーニング器具の定番、ダンベルの選び方のポイントをまとめてみました。 ダンベルは一度買ったら腐るものではないので、いつまでもあります。例えば私のダンベルの一つは30年以上前に購 ...

続きを見る

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

スクリューカラーの裏側のゴムパッキン。
実はこれが結構重要なパーツ。これがないとねじ込みがすぐ緩んでしまいます。さすがにこの辺は厚みやパッキンのせり出しがしっかりしてて、パーツ交換もできるようになってます。安物はこういったところがヤバかったりしますからね。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)

こんな感じ。
あっがるぅ~!!

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット(片手20kg×2個)【スチールダンベル】

私の手元にあったダンベルは、すべてラバーが経年劣化でちぎれて無くなってしまっていたので、久しぶりに見るラバー付きダンベルです。ラバーのおかげでちょっと一回り大きく見えますね。
やっぱりラバーの恩恵は大きいです。ラバーなしに慣れてしまっていたので気にならなかったのですが、いかに今までガチャガチャやかましかったのかが良くわかります。よく今まで近所から苦情が来なかったなぁ~。

この後、早速これを使って筋トレしました。
調子に乗ってやりすぎて、現在筋肉痛で~~す。

IROTEC(アイロテック) ラバーダンベルセット 2年使ってみて

追記になりますが、実際なんだかんだもう2年ぐらい使ってる計算になるのですが、ここで、ちょっと簡単に気になった点について書いておきます。
基本的には不満はないのですが、スクリューカラーのゴムパッキンが取れやすいです。
時々ギュッと締め付けていると、プレートの方に張り付いて、いつの間にか取れてしまっていることがあるので気をつけてください。
また、どんなにギュッと締め付けていても、勢いよくガチャガチャ筋トレしていると、自然とスクリューカラーが緩んできてしまうことがよくありますね。特に重量を上げて一気に引き上げるようなトレーニングの時に、プレートが遠心力で回ってしまうのかな? そのせいで緩むことはありますね。まあ、本体を抑えておいて地面で右回しでぐりっと回すコツを覚えちゃえばしっかり固定できるんですが・・・
もう一つは、シャフトのメッキが意外と剥がれない。
普通2年も使ってると、他のメーカーのダンベルやバーベルはシャフトの銀メッキが剥がれてくるもんなんですが、全く剥がれてくる様子がありません。これは良いことだとは思うのですが、私としてはちょっと計算外www。握る部分が多少メッキが剥がれて錆びてくると滑り止めになって使い勝手が良くなるかなぁ~って思ってたんですが、いつまでも新品のまま。筋トレ用の軍手がいつまでも必要になっちゃってますwww。

正直不満らしい不満はないんですわwww。シャフトが若干短い40kgセットで良かったと思ってるし、実はこの後、5kgのラバープレートを4枚と10kgのラバープレート2枚買い足してて、Wバーとの組み合わせも良好。
ダンベルだけで完結したいなら60kgセット、ダンベルからほかに派生のトレーニング器具との組み合わせまで考えるなら40kgセットで正解だったんじゃないかと、今だから言えるのかもしれないですけどねwww。

IROTEC(アイロテック) ラバーダンベル 40kgセット(片手20kg×2個)レビューまとめ

【レビュー】ダンベル買ってみた!IROTEC(アイロテック)ダンベル40kgセット。使用感など感想♪

正直、私も60kgセットと40kgセットで迷ったんですが、細かく鍛えるという意味では40kgセットで正解だったかな、と思ってます。
この二つの決定的な違いはシャフトの長さですね。
実際60kgセットの方が5cmぐらい長いです。
このちょっと長いサイズのおかげで、取り回しが面倒になるんですよね。バーベルじゃなくてダンベルを選んでいる時点で左右分けていろんな角度と取り回しで鍛えられるというのが利点なんですが、その時にこの5cmというのが結構ジャマwww。微妙なところだけど、意外と使ってみるとこの5cmは結構長いですよ。

あと、ダンベルでポイントになるのは5kgのプレートです。
すでに5kgのプレートを4枚持っているというのであれば、40kgセットで充分ですね。
初心者だと、20kgセットや30kgセットを考えるかもしれないですが、ぶっちゃけ論外です。
先々考えれば、初心者ほど40kgセット以上をおすすめしますよ。
半年もやれば軽いダンベルだと重さに体が慣れちゃうし、ポイントは5kgのプレートなので、重さを上げるときもズシッと負荷をかけられる重さへとチェンジできるんですよね。次追加注文するのは5kgのプレートを偶数枚注文すればいいだけですし、新しいダンベルに買い替えるときも、私のように5kgプレートがそのまま流用できます。
将来的なクラスアップを考えても、40kgセット、結構お得ですよwww。

60kgセット以上の重さになってくると、今度はさすがにバーベルに変更しないとダメですが、今度はバーベルの場合、ポイントになるのは10kgのプレートに変わってきます。自宅トレの場合はダンベルプレートと流用になってくると思いますが、この辺の話は長くなるのでまた、別のページで詳しくやりますねwww。

今回このページで紹介したもの・おすすめ一覧

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット(片手20kg×2個)【スチールダンベル】

今回購入したダンベルセットです。写真のラバーは黒っぽい赤ですが、実際は私の写真のような明るい赤ですよ。


IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 60KG セット (片手30kg×2個)

初めての人、床を踏み抜く心配のない人はこちらの60kgセットもおすすめ。


FLYBIRD トレーニングベンチ インクラインベンチ 可変式フラットベンチ アジャスタブル 角度調節簡単 組立不要 折りたたみ式 収納便利 シットアップ 耐荷重270KG

フラットベンチも必ず必要になってくるので検討の余地ありです。


筋トレグッズの選び方・使い方一覧

一応基本的な筋トレ器具の選び方、使い方なども紹介してるのでリンクしておきます。

筋トレグッズの選び方・使い方に関する記事もチェック

このページについてはまとめ記事にしてます。気になる方はチェックしてみてください。

まとめ記事
毎日使える筋トレグッズの選び方・使い方!【まとめ】
毎日使える筋トレグッズの選び方・使い方!【まとめ】

毎日使える筋トレグッズの選び方・使い方のまとめ記事です。 色々筋トレの方法や筋トレ器具・グッズ、レビューなどを記事にしてきましたが、どう区分けして読んだらいいか分かりにくくなってしまったので、きちんと ...

続きを見る

まとめ記事
毎日の筋トレのために!初心者のための筋トレ始め方ガイド【まとめ】
毎日の筋トレのために!初心者のための筋トレ始め方ガイド【まとめ】

初心者のための筋トレの始め方、トレーニング方法、疑問などをまとめたまとめ記事です。 運動は苦手だけど筋トレを始めたり、かつて運動はしていたけど、健康のために久しぶりにトレーニングを初めてみようっていう ...

続きを見る

-筋トレグッズの選び方
-