ダイエットと筋トレ

【注目!】ダイエットでスリム腹筋・腹筋が割れた時は、ここに注意!

2018年10月12日

【注目!】ダイエットでスリム腹筋・腹筋が割れた時は、ここに注意!

薄着の季節になってまいりました。
こうなってくると気になりだすのが、ぼよよんとはみ出したお腹周りや贅肉です。
日頃研鑽を続けているトレーニーにはあんまり関係ない話かもしれませんが、筋肉ついてても体脂肪率が高い場合って、やっぱりあるよね。腹筋ローラーでバッキバキに鍛えたって、なかなか消えてくれないのがお腹の贅肉です。

関連記事
腹筋を鍛えてもシックスパックに割れない理由
腹筋を鍛えてもシックスパックに割れない理由

質問! シットアップをジッタンバッタン、毎日100回200回やり続ければ腹筋がバッキバキになって6つに割れたカッコイイ腹筋になる? ブブ~ッ 残念。 意外とみんな間違った方法で腹筋やってんだよね。 以 ...

続きを見る

関連記事
最強腹筋マシーン!腹筋ローラーで腹筋・胸筋・肩バッキバキ!!
最強腹筋マシーン!腹筋ローラーで腹筋・胸筋・肩バッキバキ!!

私の腹筋トレーニングの必須アイテム、腹筋ローラー。この腹筋ローラー最強です!! 誰でもどこかで見たことがある腹筋ローラー。 アブローラーと呼ばれているあれです。 腹筋コロコロです。 価格の安い筋トレ器 ...

続きを見る

私の経験ですが、腹回り、腹筋周りの贅肉を落としてボコボコっとさせるには、大体体脂肪率15%以下に持って行かないとなかなかカッコよくは出てきませんね。正直、食事管理8割、腹筋トレーニング2割ぐらいの感覚です。
腹筋がない人でもガリガリに痩せさえすれば浮き出してくるのが腹筋というものですからね。

ここで注意なのが、筋トレしないで、ただ食事管理だけで縦筋が入るぐらいの腹筋を作っている人です。
おしゃれな若い子とか、特に女性に多いですよね。お腹チラ見せとかしてる人意外と多いし。

これ、気をつけてください。

おしゃれに気取ってても、少しでもトレーニングをかじってる人は、腹筋が縦割れしてると、必ず背中側も見ています。もう、習性です。
歩いたり立ったり座ったりという日常動作の中で、意外と腹筋ってあまり本格的には使ってません。主に背骨や脊髄を支えているのは背筋です。腹筋が縦割れしてるぐらい締まっているのに、腹筋の真裏の部分の背筋がペタッとしているのを見ると「チッ、なんだエセじゃねえか」と必ずチェックをいれてます。
鍛えて腹筋がスリムになっている人は、背中側も均等に鍛えているので、背筋の筋割れ、盛り上がりがあるんですよ。これがなきゃ、全然だめ。ただのガリです、全然魅力的でもカッコよくもない。ぐるぐるポイです。

ここを勘違いしている人って、特に女性に本当に多い。
鏡で見える前面にだけ意識が行っちゃうのかな? 贅肉もみだしグッズやエステ、最近は男性用エステもあるけど、この手の方法で贅肉落としただけでは腹筋割れても、本物じゃないです。
やっぱり見えない背中側が絞まってこその腹筋です。
意外としっかり見られてますよ。
どうせなら、本物を目指しましょう!!

もう一つ気になるのは、ダイエットで短期間で痩せた場合の皮膚下の問題です。
これ、誰も指摘しないけど、個人的には結構心配です。

イノシシとかウサギ、鹿なんかの野生動物の解体ってやったことあるかな?
猟師に知り合いがいると、大抵この手のことを手伝わされるんだけど、あんまりないか?
やったことがあると分かるんだけど、脂がのっていて皮下脂肪が多い場合と、皮下脂肪が薄い場合とあるんだけど、刃物を当てた時の違いがはっきりあります。皮膚の脂肪の下、筋肉との間に繊維状の膜があるんだけど、この繊維状の膜の強さが全然違うんです。
脂肪が厚いと膜が薄く、脂肪が薄いと刃物の先端がチリチリって音がするほど硬くて厚い。
これは皮下脂肪が体を守ってくれてるときは膜は薄めになり、皮下脂肪が薄くなると、体を守るために強くなるみたいです。ある種、体を守るための鎧みたいなもんです。

これ、同じ哺乳類の人間にも言えることなんですよね。
皮下脂肪が多くて太ってる人ってこの膜が薄くて、痩せてて贅肉が少ない人はこの繊維質が多くて厚いらしいです。
ちゃんと体を守るためのシステムとして機能しているんですよね。
さすがに人間は切ったことがないので医学部でないと実感としては分かんないと思うのですが、おそらく動物をさばいた時と同じでしょう。
ただし、野生動物でも繊維状の膜が変化するのに半年以上かかるみたいなので、一か月で10kg痩せた、なんていう場合、おそらく動物的にはかなり無防備な状態になるんじゃないかと思います。
これから暑くなるにしたがって、駆け込みダイエットが増えてくると思いますが、なぜか誰もこのことについて触れてる人がいないので、実感として、充分気をつけてもらいたいです。

本音でいえば、ダイエットって、急激にやるもんじゃないです。
一年以上かけて少しずつ計画的に落としいていくのが吉。リバウンドの危険性も少ないからね。
10年かけて太ったら、10年かけて痩せるのが基本です。
このことは意識しといてくださいwww。

筋トレの基礎知識一覧

一応基本的な筋トレ・エクササイズの基礎知識なども紹介してるのでリンクしておきます。

シックスパックなのにお腹が出てる / 太っている方が筋肉がつきやすいという秘密 / ピーナッツバターと筋トレ / ボディビルダーは短命? / 筋トレ量を減らしたら / 遺伝子が原因ってホント? / 細マッチョになるには? / トレーニンググッズ 人気ランキング! / 幅寄せしてくる理由  / 筋トレの超回復とは?筋肉痛は筋トレの味方?マッスルメモリーってなんだ? / 下腹を凹ませるには / 最強の筋トレは懸垂 /  ファンクショナルトレーニングとは? / フィジークってとは? / 初心者腹筋強制強化! / ボルダリングの始め方! / ランニング、ジョギング、ウォーキングの違い / ウォーキングのやり方 / ランニングでの膝の痛み / 接待ランニングで上司をヨイショ汗腺を鍛える! / 運動と風呂での汗の違いとは? / ミネラルウォーター選び / 毎日水2リットル飲む / お酒は筋肉にNG? / 急性アルコール筋症とは? / 飲んでいいお酒の量とは? / 減量できない人の特徴 / 腹筋が割れた時はここに注意! / 腹筋ローラー効果で痩せる / スロートレーニング / ソイプロテインってなに?「プロテインは太る」って本当? /  筋トレスタートは夏場が狙い目 / 筋トレを始めるなら今がチャンス! / 日本人はたんぱく質が足りてない? / 求道タイプ? 快楽タイプ? / 時短と筋力アップに挑戦 / 低スペ人間の筋トレ /

筋トレ・エクササイズの基礎知識に関する記事もチェック

このページについてはまとめ記事にしてます。気になる方はチェックしてみてください。

まとめ記事
筋トレ・エクササイズの基礎知識【まとめ】
筋トレ・エクササイズの基礎知識【まとめ】

筋トレ・エクササイズの基礎知識、疑問などをまとめたまとめ記事です。 筋トレ、エクササイズを始めていくと、意外と奥が深いというか、基礎知識が結構必要なんだなぁっていうのを痛感したりします。そんな基本的な ...

続きを見る

まとめ記事
毎日の筋トレのために!初心者のための筋トレ始め方ガイド【まとめ】
毎日の筋トレのために!初心者のための筋トレ始め方ガイド【まとめ】

初心者のための筋トレの始め方、トレーニング方法、疑問などをまとめたまとめ記事です。 運動は苦手だけど筋トレを始めたり、かつて運動はしていたけど、健康のために久しぶりにトレーニングを初めてみようっていう ...

続きを見る

-ダイエットと筋トレ
-, , , ,