プロテイン 筋トレ知識

おすすめアメリカ製海外プロテインを人気ランキングから紹介!

2021年3月10日

おすすめアメリカ製海外プロテインを人気ランキングから紹介!

 

なぜかアメリカ製海外プロテインに抵抗がある人が多いですよね。
いろいろ誤解も多いけど、トレーニングに使うならマジでお買い得w。日本製からステップアップもおすすめです。

というわけで、たんぱく質含有量の多さや筋肥大、価格の安さ、サポート内容豊富なアメリカ製海外プロテインを、本場アメリカでのランキングで上位をピックアップしてみました♪

上位はちょいちょい入れ替わってるのでランキング変動はありますが、常に上位に君臨しているプロテインをピックアップです。
興味がある方はぜひww。

 

1位 Gold Standard 100%ホエイ(Optimum Nutrition)

ゴールドスタンダード 100%ホエイ

もう、アメリカでプロテインと言ったらゴールドスタンダードっていうぐらいのトップブランドです。
筋トレ始めたらまず何の知識もなくても最初に手に取るプロテイン、日本でいえばザバスのような存在ですかね。
いやいや、世界シェアを考えるともっとすごいかもwww。

  • たんぱく質含有量 ワンスクープ 24g。
  • 味のフレーバーはなんと20種類。
  • WPI、ペプチド配合。
  • お腹の調子対策の消化酵素入り。
  • 価格もさすが生産数が多いおかげか低価格で財布にもやさしくて素敵www。

味はアメリカンなプロテインらしくなく、意外と甘くなくてあっさり味。さらにこれだけ味のバリエーションがあればまず飽きることはないので愛用者が多いのもうなずけます。
個人的にもこのゴールドスタンダードはアメリカ製プロテインの中でもうまいと感心してます。味にこだわるんだったらおすすめですwww。
また、濃い甘い味が苦手な人向けに、ナチュラルタイプというのもあって、至れり尽くせり、見た目でもパッケージカラーが変えてあります。

さて、価格については日本ではちょっとややこしいことになってます。
日本には「日本正規版」というのと「海外輸入版」というのが混在してます。

日本正規版は、日本人の舌に合わせて味が調整されていて甘さも控えめ、パッケージも日本語表記になってます。海外輸入版はアメリカで売ってるものそのままなので、味はアメリカ人好みですが価格は明らかに輸入版の方が安いですね。
味については好みですがナチュラルも販売されているため、さらにややこしいことになってます。ナチュラルの方がスタンダードよりちょっと高い値段設定なのに、味がついてる日本正規版の方がナチュラルよりちょっと高い。う~ん、知らないとよくわからなくなりますよねww。

ちなみに、パフォーマンスホエイというのも日本では人気があります。↓↓

ゴールドスタンダードのワンランク下の廉価版という扱いなのかな? 基本的にはフレーバーの数を極端に絞って、容量もちょっと小さめ。お腹の調子対策の酵素が入ってないのが特徴で、必要なものだけを取り出したって感じのプロテインです。ペプチドも配合されているので、ONブランドでとにかく低価格で良いものをという人にはおすすめですが、この存在がさらに分からなくさせている原因だったりもしますww。

さて、日本でゴールドスタンダードを手に入れる場合、実は日本のamazonって、アメリカのメインストリームの商品があんまり置いてないんだよねぇ。アメリカのamazonだったらゴソッとあるのになんでだろう?
手に入れたい人のことを考えると、bodybuilding.comiHerb。bodybuilding.comは日本語対応してないので今回は実質安く手に入るiHerbにも頼ってみたいと思ってます。

 


【amazon】【国内正規品】Gold Standard 100% ホエイ ダブルリッチチョコレート 2.27kg(5lb)

【amazon】 Optimum Nutrition 一覧 >>


Optimum Nutrition, ゴールドスタンダード 100%ホエイ、ダブルリッチチョコレート、5ポンド(2,27 kg)

【iHerb】 Optimum Nutrition 一覧 >>

amazonは日本正規品が多く、iHerbは輸入版といった感じですね。


 

2位 Syntha-6(BSN)

Syntha-6 (BSN)

日本ではあまり知名度が高くないシンサ-6ですが、アメリカでは常に上位にいるちょっと玄人好みのプロテインです。日本でもマッチョ系トレーニーでゴリゴリの人が良く使ってるのを見かけます。

引き締め効果とパフォーマンスアップ、筋肥大を目的とした独自のロジックを持ったたんぱく質の「タイミングと質」にこだわってるメーカーです。ムッキムキの人が選んでるのもよくわかるシリーズですね。
あまり多くの要素をゴテゴテ追加してないシンプルな構成も人気の理由です。
フィットネス系というより明らかにバルクアップタイプなので、静かな人気の製品だったんですが、最近着実にランキングを上げてきていて、アメリカのマニアックなトレーニーに定着しつつあるみたいですね。

  • ビタミンミネラルも多く配合されていて、食物繊維も入っています。
  • たんぱく質含有量 ワンスクープ 22g。
  • ゴールドスタンダードよりほんのちょっと安い価格設定です。

ただ日本ではあまり知られていないので間違えないようにしてもらいたいのは、このシリーズはパッケージがよく似ているけど4種類タイプがあるんです。EDGE、スタンダード、アイソレート、アイソゲイナーで、それぞれたんぱく質の含有量やタイプが違うので気をつけてください。一番売れてるのはやっぱり写真のスタンダードです。

多分このプロテインの人気の一つは、この強烈な香りと味でしょうね、まるでお菓子みたいですww。
まさにアメリカ!って感じの味。普段は水に溶いて飲むのをすすめてるんですが、このプロテインに関してだけはミルクで飲むのをおすすめしますよ。ミルクで溶くと、本当に甘いシェイク、ジュースみたいな味ですwww。特にいちごがおおすすめw。
減量減量で追い詰められてるトレーニーにとってはこのプロテインの味と香りは一発ノックアウトですわ。子供も喜んで飲む味ってことですから、この手の味が好きな人にはおすすめですよ。

このシンサ-6は以前は日本のamazonにほとんど置いてなかったんですが、最近は増えてきましたね。まあ、日本で中級以上のトレーニーしか知らないんだからしょうがないけどね。やっぱりこれもアメリカメジャー路線の商品が豊富においてあるiHerbが一番安く買えるのでこちらで手に入れた方がよさそうです。

 


【amazon】シンサ6 アイソレート (BSN Syntha-6 Isolate) プロテイン 1816g ストロベリーミルクシェイク 【海外直送品】

【amazon】BSN Syntha-6 一覧 >>


シンサ-6 Syntha-6 (BSN)

【iHerb】 Syntha-6 一覧 >>


 

3位 ナイトロテックホエイゴールド(Nitro Tech Whey Gold)

Nitro Tech 100%ホエイゴールド (Muscletech)

言わずと知れたナイトロテックです。
ゴールドスタンダードと人気を二分するアメリカでは超メジャープロテインなので、知らない人も少ないんじゃないでしょうか。

一時期社内的なごたごたで市場から消えたこともあって二位の地位からは少し落ちてしまいましたが、それでも全くの健在ぶりですわ。
メインシリーズはゴールドシリーズになるんですが、ちなみにこのゴールドシリーズは「打倒! ゴールドスタンダード」の意味と私は取っているんですけどねw。
内容的にもすごく似通っています。

元々ナイトロテックってクレアチンが配合されててパンプアップってイメージ。
ノーマルシリーズはそのままクレアチン配合。
ゴールドシリーズはWPIでホエイペプチド配合、グルタミン強化、実質タンパク質含有量はワンスクープ24gと、本質的な筋力アップを目指しているタイプです。

ゴールドスタンダードと見比べてみても、内容ホント、よく似てるww。
そうなると味と値段が検討材料になるのかな?

さすがにあのフレーバーの数は対応してないですが、人気フレーバーはちゃんとおさえてて味自体もブラッシュアップされてます。もう、好みの違いぐらいだと思いますよww。
定価ではほんのちょっとナイトロテックの方が高いですが、実質売買価格は割引率が高いのでナイトロテックの方が安く手に入りますね。
もう、どっち買ってもいいよって感じですwww。

実は私はナイトロテック派。
ゴールドスタンダードは落ち着いた優等生ってイメージなんだけど、ナイトロテックは、なんかワザと暴れてる小生意気なやんちゃ坊主って感じで、おじさんはもう、こういう子が可愛くてしょうがなく感じてしまうお年頃なんですよww。何となく贔屓してしまいますわ~w。

関連記事
ナイトロテックホエイゴールド(Nitro Tech Whey Gold)をレビュー!評価は口コミ通りか?
ナイトロテックホエイゴールド(Nitro Tech Whey Gold)をレビュー!評価は口コミ通りか?

  ニトロテックともナイトロテックとも呼ばれている超有名プロテイン。どっちの呼び方が正解なのか私もよく分からないので、身内で言ってるナイトロテックで今回は統一しますwww。 さて、今回はナイ ...

続きを見る

ナイトロテックは比較的日本のamazonでもiHerbでも手に入りやすいです。

 


【amazon】 ナイトロテック100%ホエイゴールド 2.51kg (Nitrotech 100% Whey Gold 5.53Lbs) (ストロベリー)

【amazon】MuscleTech 一覧 >>


Muscletech, Nitro Tech(ニトロテック)、100%ホエイゴールド、ホエイプロテインパウダー、ダブルリッチチョコレート、2.51kg(5.54ポンド)

【iHerb】 Muscletech 一覧 >>


 

4位 Pro JYM(JYM Supplement Science)

Pro JYM (JYM Supplement Science)

このプロジムもほとんど日本では知られてないですね。
まあぶっちゃけアメリカでも売れてて有名だけど、相当マニアック。はっきり言って本格的なボディビルダーが使ってる感じです。私も存在は知ってるし売り上げランキングに上位キープなので有名なんですけど、私の周りで愛用している人がいないので、実物を私も見たことがないですw。

プロジムは、いわゆるホエイと卵白プロテインとカゼインのミックスタイプで、長~く筋肉にたんぱく質を供給し続ける構造のプロテインです。配合や組み立て方はまったく違いますが、日本ではウイダーのミックスタイプのプロテインと同じ感じかな? 確かウイダーにもこんな感じのタイプがあったような気がしたので。

面白いのはエッグプロテインも入ってることですかね。ホエイアイソレート・ミルクアイソレート40%、エッグプロテイン10%、ミセルカゼイン50%が基本構成で、タイプ別にこの配合バランスが違うみたいです。吸収速度の速いホエイ、中間のエッグ、遅いカゼインと見事にバトンタッチしていて、長くたんぱく質を供給し続けた方が筋肉の発達が長く続くという理論に基づいているそうです。
この配合率にこだわった逸品で、筋トレマニアにうけているのも分かりますwww。

ただ残念なのが、このプロジムはamazonでもiHerbでも取り扱ってないです。アメリカのサイトやアメリカのamazonではズラッと取り扱ってるんですが、なぜか日本には入ってきてないですね。販権の関係なのかなぁ、残念です。bodybuilding.comで輸入するしかないかも。
たまにレビューがあるので日本でもどっかで取り扱ってるのかな?

 

5位 ISO 100(Dymatize)

ISO 100

このアイソ100は日本でもそこそこ有名ですね。
名前の通りアイソレートにこだわったプロテインです。

このプロテインはダイエットや減量中の人に向いてますね。カロリー自体低く抑えられていて、糖質、脂質、炭水化物などを極力削っているのにワンスクープ25gのたんぱく質が取れるタイプです。
普通これだけギリギリまで削ってしまうと味気無くなってしまうものなんですが、意外と味がしっかりしてて甘い味は、まあ、人工甘味料なんだろうけどしっかりついてて12種類のフレーバーバリエーションがあります。

さすがアイソレートにこだわっているだけあって、当たりハズレのあるアメリカ製WPIプロテインのハズレを引いた時のあの雑な感じというのが全くないです。常になめらかで品質が一定というのが素晴らしいwww。
牛乳を飲むとお腹を壊してしまう人でWPIを渡り歩いている人、ダイエットで中身を気にしている人、アイソレートの品質にこだわっている人は一度試してもらいたいプロテインです。

このアイソ100は日本でも意外と手に入れやすいですね。amazonでもiHerbでも結構売ってます。
元々の値段がちょっと高めなのでどうしてもほかのプロテインと価格を比べてしまうのが玉にキズ。


【amazon】ISO 100 加水分解100%ホエイプロテインアイソレート 1342g グルメチョコレート [海外直送品] [並行輸入品]

【amazon】Dymatize Nutrition 一覧 >>


Dymatize Nutrition, ISO 100加水分解化、100%ホエイプロテインアイソレート、グルメチョコレート、5 Lbs (2.3 kg)
【iHerb】 Dymatize Nutrition 一覧 >>


 

6位 COMBAT 100% WHEY(Muscle Pharm)

Muscle Pharm(マッスル ファーム)コンバット ホエイ プロテイン 2.2kg チョコレートミルク風味

コンバットは昔からある定番のプロテインですよね。
今回100%ホエイが上がってきてます。

プロテインパワーではなく、100%ホエイが上がってきてるっていうのがポイントですね。
元々コンバットは、有名でもちょっとマニアックな人気があったプロテインです。プロテインパワーもそうなんですが、基本的に複数のプロテインを組み合わせたタイムリリースタイプのプロテインでコンバットって有名なんですよ。飲んですぐから8時間後までずっと少しずつたんぱく質が供給されるっていうタイプで、この100%ホエイが出るまで、私もずっとそういうマニアックなセミプロ向けのバルクプロテインだなぁって思ってました。

  • 消化が早い、ウルトラプレミアム100%ホエイタンパク質
  • WPIとWPCのミックスタイププロテイン
  • 低脂肪でたんぱく質量はワンスクープ 25g
  • Informed-Sport.Com(インフォームドスポーツ認定)

100%ホエイプロテインは吸収効率を上げたタイプで短期集中吸収型。
一般的なプロテインのタイプも出してきた!って感じでしょうか。
ぶっちゃけ筋肉の膨らみ方がかなりいいので、コンバットファンだけじゃなく、気になってたけどリアルタイムのプロテインの方がいいっていう、今までコンバットを使ってなかった人の心もつかんだってところなんでしょうねww。

正直かなり甘いのが良いところでもあり悪いところでもありますww。
体重を気にするスポーツプロテインなので、わざと甘くして「ご褒美プロテイン」になってる側面があるんじゃないかなぁww。

取り扱いは、amazonでもiHerbでも結構あってメジャーになってます。
ただamazonはコンバット製品全体が多いってわけじゃなく、100%ホエイが揃ってるって感じかも。
iHerbはさすがに私も手を出したことがないコンバットのマニアックなサプリも扱ってますね。

【レビュー!】コンバット(COMBAT) 100%ホエイプロテインを飲んだ感想&評価
【レビュー!】コンバット(COMBAT) 100%ホエイプロテインを飲んだ感想&評価

  前回、チャンピオンのPure Whey Plusのページでコンバットも良いと書いてしまったので、改めてちゃんと飲んでの評価です。 実は好んでこのアメリカ製プロテインコンバットを飲んでたの ...

続きを見る

 


Muscle Pharm(マッスル ファーム)コンバット ホエイ プロテイン 2.2kg チョコレートミルク風味

【amazon】Muscle Pharm 一覧 >>


Muscle Pharm(マッスル ファーム)コンバット ホエイ プロテイン 2.2kg チョコレートミルク風味

【iHerb】Muscle Pharm 一覧 >>

 

7位 Ultra Whey Pro(Universal Nutrition)

Universal Nutrition, Ultra Whey Pro(ウルトラホエイプロ)

あの有名メーカーユニバーサルのウルトラホエイプロです。
まさにアメリカで売れているっていうか、アメリカらしい超マッチョ志向のプロテインです。

以前はアニマルホエイだったんですが、製造終了しちゃったのかな? 新しくなった次世代のクラシックシリーズのウルトラホエイプロがメインになってきました。

ボディビルチャンピオンを何人も出してきたユニバーサルのクラシックシリーズは、太く、でかく、強くを求める人のためのボディビルディングプロテインってところでしょうかね。
この手のプロテインがアメリカのランキング上位に在中ってのがアメリカらしいですわww。
超マッチョな人たちが選んでるプロテインって感じで、すでにマッチョブランド化してる感じがあります。
あまりにもステレオタイプ的って感じで、あえて違うブランドを選ぶっていう人もいるぐらいですわww。

日本のamazonではユニバーサルの取り扱い自体かなりかなり少ないですね。iHerbではシリーズで取り扱ってるみたいなので、超ハードビルダーの人は一度覗いてみてください。

Universal Nutrition, Ultra Whey Pro(ウルトラホエイプロ)
【iHerb】 Universal Nutrition 一覧 >>

 

8位 COR-Performance Whey(Cellucor)

Cellucor, コアパフォーマンスホエイ、モルテンチョコレート、5.19 lb (2352 g)

コアパフォーマンス、これもほとんど日本では知られてないですが、定番人気があり売れてるプロテインです。

結構ハイスペックなプロテインなんですが、強い押し出しの無いプロテインでもあるんですよね。なんていうのかなぁ、全体のバランスがいいっていうのかな、そんなプロテインなんですよね。なので普通のトレーニーっていうか、持久系瞬発系関係なく、ジムで汗を流したトレーニーが栄養補給するのにぴったりって感じのプロテインで、この普通に使えるって感じが売れてる理由って感じですかね。
私は知らなかったんですが、結構昔からあったプロテインらしく、水溶けがよく味がいいのでも好評です。

セルコアと言えば、プレワークアウトサプリの「C4」。ベテラントレーニーであれば知らない人はいないほど有名でなので、こっちが検索に引っかかってきちゃうかもしれないですねww。残念ながらコアパフォーマンスの方は、場合によっては日本での知名度が低すぎてiHerbでも手に入らないことがあるかも、その場合はご勘弁ww。

 

Cellucor, コアパフォーマンスホエイ、モルテンチョコレート、5.19 lb (2352 g)

【iHerb】Cellucor 一覧 >>

 

筋トレスタートは夏場が狙い目!!

筋トレ知識

2021/6/23

筋トレスタートは夏場が狙い目!

  スポーツの秋といいますが、気温の下がった秋にスポーツを始めても、そのスポーツを冬まで続けているという人をほとんど見たことがありません。 原因の一つは、初心者は熱中症に代表される体内温度のコントロールができないことです。 スポーツをしたことがない人がいきなり運動をしても、体内温度をうまく外に逃がすことができなくて、苦しい、つらい、だけが残ってさっさとやめてしまうことが多いんです。   スポーツ、筋トレをスタートアップさせるには、夏場が一番いいと思ってます。 「おいおい、夏場になんか始 ...

ReadMore

日本人はたんぱく質が足りてない?

プロテイン 筋トレ知識

2021/7/1

日本人はたんぱく質が足りてない?

  日本人はたんぱく質が足りてない? 自覚はないけど、ホント? 最近は意識高い系の人が増えてきたからそんなことないんじゃないの?って思ってたんですが、まだまだ完全にマイノリティー、ごく少数派で、一般的には全然浸透してないみたいですよww。 今回はトレーニーだと意識しまくりですが、一般的にはまだまだこんな認識ってところで、このギャップを解説していきたいと思います。 文化圏の違いとは面白いもので、健康のために栄養素をどんどん足していく足し算文化と、減らしていく引き算文化の2種類が存在します。 欧米は ...

ReadMore

プロテインを飲むんだったら、フレーバータイプ? プレーンタイプ?

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/25

プロテインを飲むんだったら、フレーバータイプ? プレーンタイプ?

  プロテインは実にいろんな種類があります。正直初心者だったら何を選んだらいいのかわかんないぐらいですよねww。 選ぶときの基準も様々、精製方法だったり、原料だったり・・・まあ、基本的には機能・性能で選ぶでしょうね。体質の問題やアレルギーなどで選択肢を変える人だっています。 そこで、ちょっと趣向を変えて、味での選択というところに目を向けてみましょう。 まず、味、フレーバー最優先! って人、まずいないでしょう? いたらよっぽどの変わり者ですよ。 普通はホエイかソイか、ホエイだったらWPIかWPCか ...

ReadMore

アミノ酸スコア100ってなに? プロテインスコア? プロテインを選ぶ時に知っておくべきこと

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/23

アミノ酸スコア100ってなに? プロテインスコア? プロテインを選ぶ時に知っておくべきこと

  プロテイン表示に書かれている中に、アミノ酸スコア100というのがありますよね。 「ふぅ~ん、そうなんだ」ぐらいで、最初の頃あんまり深く考えていなかっんだけど、そもそもアミノ酸スコアってなんだ? という基本的な疑問、ありません? プロテインを選ぶとき個人的な見方として、必要なポイントは大きく分けて、 「使用目的の原材料」 「たんぱく質分離の製法」 「たんぱく質の含有量」 「たんぱく質のクオリティ」 「追加栄養素ブレンドの内容」 この5つがあると思ってます。 どこをポイントにするかによって、個人 ...

ReadMore

プロテインを牛乳で溶かして飲まない理由

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/22

プロテインを牛乳で溶かして飲まない理由

  私はプロテインを飲むとき、水で溶かして飲みます。 他の人に聞いてみると、かなりの割合で牛乳にプロテインを溶かして飲んでいるという答えが返ってきますよね。 ジムで飲む場合などは牛乳が保管ができないのでミネラルウォーターという場合が多いみたいだけど、自宅トレや自宅で飲む場合は牛乳+プロテインというケースが多いようですよ。 私はぶっちゃけいろいろメリット・デメリットがあって、水オンリー、浄水器を通した水で飲んでます。使い分けた方がいいらしいけど、めんどくさいので水でいいですわww。 そもそもホエイ ...

ReadMore

-プロテイン, 筋トレ知識
-, , , ,

© 2021 腹筋は男の美学