腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。肉体改造とダイエットでおじさんでも健康でカッコいいモテる男になる!

サウンドピーツ Q35 PRO!ジムや筋トレで使えるイヤホンなのかレビュー!

      2020/01/20

サウンドピーツ Q35 PRO!ジムや筋トレで使えるイヤホンなのかレビュー!

サウンドピーツのBluetoothイヤホン、Q35PRO。私は通勤にも使ってます。
特に筋トレやランニングなどのトレーニングの時に使って超良かったので紹介ですwww

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q35HD ワイヤレス イヤホン 高音質・低遅延 IPX8防水 コンタクタ式充電 APTX-HDコーデック対応 Bluetooth5.0 スポーツイヤホン 最大14時間再生 超軽量 マグネット内蔵 ブルートゥース イヤホン CVC ノイズキャンセリング搭載  iPhone Android対応 【メーカー1年保証】

もう、5000円以下、この価格帯のイヤホンでSoundPEATS(サウンドピーツ)を知らない人はいないでしょうwww。
日本製ではこのランクは音の質も品質も全然太刀打ちできないっすね。
もう、ごちゃっとこの価格帯のイヤホンってひしめき合ってんだけど、どれを選んだらいいか迷ったら、個人的にはアンカーサウンドビーツでほぼ決まりですwww。今回、Q35 PROを手に入れたからレビューというよりガッチリ常用しちゃってるんでレビューもクソも無いんだけどねwww。

今主流の完全コードレスのワイヤレスイヤホンではなく、左右のイヤホンがコードでつながってるワイヤードタイプのワイヤレスっていうのかな?一世代前の方式です。ちょっとカッコ悪いと思われるかもしれないけど、ただこのタイプの方がトレーニングの時に使うにはかなり使い勝手が良くて重宝するんですよ、実際www。
このシリーズはQ12Q30Q34Q35PRO、と順番にバージョンアップされてきてます。実はそれぞれちょっとずつ特徴が違うんですよね。違いを比較してもらえばよく分かります。バージョンアップではあるんですが、全部現在も販売されてます。しかし公式ラインナップに残ってるのはQ30 PlusQ35 Proだけになってしまってますね。まあ、それぞれファンがいるみたいですけどね。
ただやっぱり人気を二分しているのは、Q30Q35PRO
ちょっと大きくても安いのがいい人はQ12。残念なQ34は先祖返りしてしまっていて個人的には期待外れ。Q32は完全ワイヤレスへと違う進化のしかたをしてます。
やっぱりQ30Q35PROがバランスが取れてていいかなぁ。

もちろん3万も4万もするような完全ワイヤレスと比べられたら、そりゃあ全然違うよwww。ひと桁値段が違うんだぜ、当たり前じゃんww。5000円以下で最高品質を求められても、ケチのつけ方が完全に間違ってると思うのでそこは勘違いはしないでよねwww。
ただ聞き比べなけりゃ普通の一般人じゃ分かんないと思います。

特に今回はスポーツや筋トレの最中に使うので、集中してたりゼーハー言ってる時に聞いてて違いが分かるかっていわれたらプロのミュージシャンだって分かんないんじゃないの? 音質よりも筋トレ中の使い勝手が本筋でしょうwww。

まあ、そうでなくても私のモスキート音なんてとうに聞こえなくなってる馬鹿耳じゃぁ、音の違いなんかマジで分かんないよ。とはいえ、1000円台のイヤホンを使ってる人だったらマジで感動ものの違いが感じられるので「え? そんな安いの? 買いじゃん」下手すりゃ「ちょうだい!」って言われてしまうので、ホントにいいんだと思いますよ。

いやぁ~、本当にこの手のガジェットの進化はハンパないので、5年前の数万円のイヤホンとほとんど違いはないですわwww
私は通勤でもトレーニングでも使っているので、その辺のちょっとラフな使い方をしてもそこそこイケるってところを紹介しておきたいと思います。

soundPEATS Q35 PRO!ジムや筋トレで使えるイヤホンなのかレビュー!

soundPEATS Q35 PRO!ジムや筋トレで使えるイヤホンなのかレビュー!

正直本格的なハードスポーツ向けと考えたら超高級ワイヤレスイヤホン、もしくはスピーカーで音楽を大音量の方が正しいと思います。
ただ、筋トレやライトスポーツで使うのであればサウンドビーツやアンカーで充分かなぁwww、マジでそう思うよ。
ライトスポーツで使うのであれば、いくつかポイントがあります。

  • 汗や汚れに強い防水なのかどうか
  • 水洗いしても大丈夫かどうか
  • 振動などでの音飛びがしないかどうか
  • 落下防止、脱落の心配がないかどうか
  • トレーニング中にコードが引っかかったり邪魔になったりしないか
  • 感覚的に操作ができるかどうか
  • そこそこ音質がいいかどうか
  • ラフに扱っても壊れないor壊れても惜しくないwww

この辺がクリアできて安けりゃさらに文句なし!ってところですwww。

基本的に汗に強いというのが最重要。耳に装着すると分かるけど意外と汗をかくんだよねwww。汗でダメになっちゃうようなイヤホンじゃ話にならないです。また、衛生的にも肌と直接接触するイヤーパッド部分が簡単に水洗いできるっていうのも必要ですよね。洗ってもそう簡単にはヘタらないタイプがいいです。

ランニングの振動とか体を上下させたぐらいで音飛びしたり音がぶれたりしたらそもそもお話にならないし、筋トレで疲れてプルプルしてる手でも感覚的に操作ができないと使えませんwww。完全ワイヤレスだと気になる部分ですが、ポロッと片側だけ脱落したりしないっていうのも重要。かといってコードが付いてるワイヤードでも、トレーニング中に引っかかったりしない絶妙な長さというのも必要です。

このポイントがクリアされているかどうかがトレーニング中に使えるワイヤレスイヤホンかどうかになりますねwww。
そういう意味ではQ35 Proはかなりライトスポーツを理解した人が作ったとしか思えないので、いい線いってると思いますよwww。

ワイヤレスイヤホンのサウンドピーツ Truengine、TrueFree+、TrueAir は使えるか?

ワイヤレスイヤホンのサウンドピーツ Truengine、TrueFree+、TrueAir は使えるか?

この項目は完全に追記になります。この記事を書いてから次々にサウンドビーツが完全ワイヤレスの低価格シリーズをラインナップしてきてるので、一応スポーツに使えるのかどうかをチェックしておきます。正直イヤホンの片側だけポロッと電車のホームから線路へと落としたことが何度かあるので、個人的にはあんまり信用してないんだけどねwww。

サウンドビーツは大きく分けて、TruengineTrueFreeTrueAirの3シリーズが有名です。

SoundPEATS(サウンドピーツ) Truengine SE ワイヤレスイヤホン 高音質 デュアルドライバー 完全ワイヤレス Bluetooth5.0 aptX AACコーデック対応 6時間連続再生

サウンドビーツの中では一番音がいい。正直私でもわかるぐらい音がクリアでしたwww。なんかね、小っちゃいスピーカーが2つ入っててメッチャギミックが凝ってます。ノイズキャンセルが付いてるらしいので音が遮断されるんですが、耳の中まで入れて完全にピタッと密封してしまうタイプというか形状です。確かに多少の振動ではビクともしないけど、耳の形によってはちょっと心配。耳の形が内巻の人は大丈夫だけど、私のようなちょっと開いてる形の人は、他のイヤホンでも落ちることがあるのでカナル型の方がありがたいんだけどねwww。トレーニング中の使用では防水だし水洗いOKなので問題なし。ただうっとうしくなった時の取り外しは完全ワイヤレス共通でちょっと面倒。付けたり外したりを頻繁にしないならOKですね。

SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueFree+ ワイヤレスイヤホン AAC対応 Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン 35時間再生

値段も手ごろでメッチャ良いwww。連続4時間、35時間再生可能というのがセールスポイントですわ。正直言って、こっちのこのタイプの方が私の耳の形には合うみたいで落下の心配はなさそうです。振動にも強くて、プッシュボタン式なのでトレーニングでの使い勝手もセンサーボタン式より感覚的で使いやすい。ただし、一応スポーツにも使えるといってますが、防水についてはあまり触れられてないんだよね。もしかすると日常防水程度なのかもしれないので、そこだけが気になるポイントです。

SoundPEATS(サウンドピーツ) TrueCapsule 完全ワイヤレスイヤホン 【バイオセルロース振動板採用・Bluetooth5.0・高音質・IPX5防水・自動ペアリング・低遅延・クリア通話】

TrueAirはAirPodsみたいでカッコよかったんだけど、スポーツ用としてはちょっと防水性に難ありだったし、公式のラインナップからはすでに外れているので、同じような形のTrueCapsuleにしました。

コチラは防水がしっかりされているし、スポーツ用にもかなり考えられている構造です。この形が好きかどうか、かなり好みの問題だよね。完全に耳の穴をピタッと塞いでしまう密封型じゃないので、外の音も話しかけられても気がつくというのは良い点ではあります。不思議なことにこの形状の方が耳からポロッと落下しそうなんですが、私はこの形のタイプは落としたことがありません。この棒部分に何か秘密があるのかwww?

 

トレーニング中のイヤホン使用はずっとつけっぱなしであれば完全ワイヤレス。
私のように頻繁に付けたり外したりをする人であればワイヤードのワイヤレスが使い勝手で言えばいいと思います。完全ワイヤレスだと外した後そのイヤホンの置き場所に困っちゃったりするんですよねwww。ポケットの中じゃ壊しちゃいそうだし、ジムでポイッと置ける場所なんてないし・・・。
結局首にかけて置けるワイヤードの利便性が光っちゃってますwww。
確かにカッコ良さじゃあ完全ワイヤレスに軍配が上がるんだけど、物は試しです、一度使ってみて良し悪しは自分の好みでつけてみてくださいwww。

サウンドピーツ Q35 PROは防水と充電時間の長さで、ジムやスポーツでの使い勝手が最高!!

サウンドピーツ Q35 PROは防水と充電時間の長さで、ジムやスポーツでの使い勝手が最高!!

実はQ35 PROを使う前まで、数年前に買ったBoseの完全ワイヤレスイヤホンを使ってました。
確か3万後半ぐらいで結構高かった覚えがあります。
当時はBluetoothイヤホンも完全ワイヤレスイヤホンも高くてねぇ、どうせなら今まで使ったことのないちょっと高くても憧れのBoseの完全ワイヤレスにしちゃえって買ったんですよねwww。ある程度スポーツ用に使えて、防滴仕様、確かIPX4だったと思うけど汗に強いタイプって少なくって、選択肢があまりなかったんですよ。完全防水の水泳用っていうのもあったけど、あっちはあっちでゴム製なので、一般スポーツ用には向いてませんでした。
高かったし、こんなもんだと思って使ってたんだけど、Q35 PROに替えてみて、あれ? こっちの方が使いやすいんじゃね? って気がついちゃったんだよねwww。

音質は確かにBoseのワイヤレスって凄くよかった、凄くいいけど、こちとらモスキート音なんてとうの昔に聞こえなくなってるポンコツですwww。音漏れするぐらい大きな音量で聞かないと、多分ホントの音質の違いって分かんないんじゃないかな? おじさんが音を控えめに使ってるレベルじゃあ、違いもクソもないですわ。

完全ワイヤレスって、カッコいいしランニングの時に使ってるとなんかイケてる感じがするじゃないですかwww。
ただ意外とバッテリーは短いし音飛びもちょいちょいある。操作はイヤホン内の小っちゃいボタンorソフト経由で簡単操作だけど使い勝手というとちょっとね。ちなみに左右独立していて耳に入れる方式なので、ランニング中にポロッと外れて落としたことが3回あります。夜走っている時だったので見つからなくてマジで焦った。しかもなぜか左側ばっかり、多分私の左側の耳の形が悪いんだろうねww。駅のホームで線路に落としたことも3回ありますよwww。
特に気になるのが、耳につけっぱなしだったらいいんですが、トレーニング中ってちょいちょい外したりするでしょう? その時外したイヤホンの所在が持てあますというか、無くしやすいっていうか、置いておく場所もないし、なんとも、ねぇ?

Q35 PROを使い始めて、完全ワイヤレスよりコード付きBluetoothイヤホンの方が旧世代な訳だし、今更どうなのよ? と、思ってた訳ですが、でもこれがまた、トレーニングや日常使いでは旧世代だからこその使い勝手の良さで超便利。

まず基本的な部分では、電源でバッテリー充電駆動時間は明らかにコード付きタイプのBluetoothイヤホンの方が長いです。
通常使用で完全ワイヤレスが5時間ぐらいですが、Bluetoothイヤホンだと14時間以上、いつ充電したのか忘れるぐらい長持ちします。
Q35 PROの場合はBluetoothの接続も簡単で振動にも結構強い。音切れ、遅延もなく非常に快適。通勤途中でYouTubeを見てるとちょっと音が遅延気味になりますが、全然許容範囲です。
左右コードでつながってるので片方落とすこともないし、正直この値段ですからね、多少乱暴に扱って壊れちゃっても全然惜しくないwww。

私が使っているのはランニングやウォーキングの時と、公共トレーニング場で筋トレとかしている時が主です。
ジムなんかではBGMが流れていることが多いですが、公共施設はほぼ無音。私が使っている市営のジムなんかは特にジジババが多くてマシンの駆動音しかないですからね。

記事が長くなってしまったので2つに分けますね。

 - 筋トレメニュー, LIFESTYLE, 男の美学 , , , ,