腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。肉体改造とダイエットで健康でカッコいいモテる男になる!

プラリペアに感動!! DIYオヤジの味方、最強の補修剤ですわ!!

      2018/10/07

プラリペアに感動!! DIYオヤジの味方、最強の補修剤ですわ!!

プラリペアって知ってる?
先日古いバイクのレストアをやってる元ヤンキー先輩から教えてもらって「こりゃすげえ!!」と感動ものだったので無理やり紹介ですwww。
こういうマニアックなサイトを見てる人にはDIY的なことや改造が大好きって人も多いと思いますので、知っといて損はないッス!! まあ、今回は特殊工具とかってのはないので安心してくださいwww。

さて、「プラリペア」ってなんじゃ?

まあ、簡単に言えばプラスチックを強力に結合補修する造形補修材です。
プラスチックの切断面を溶かして接着し、さらに接着剤自体も強力なプラスチックになるので、接着剤というよりA・B剤混ぜて使うドロドロの造形補修剤。溶けてるパテと接着剤の間の物って感じかな? 効果時間も5分程度と超速乾。
ABSにも使えるので、使い方次第で家の中のプラスチック製品のほとんどの修理、車やバイクのバンパーやカウルの修理ができてしまう、こんなにすごいものは見たことがないッス!!
ガラス繊維のシートタイプで高強度のタイプもあって、マジで今までの苦労は何だったのか・・・
もっと早く教えてもらいたかったわ!!

私が手に入れた上の写真のやつは近くのライコランド(バイク用品店)に行ったらあったやつです。デイトナの名前が入ってますが、いわゆるBP商品でしょう、そんだけ優秀なものっていうことの証です。製造元は同じなので、一般的にホームセンターやWebで販売されてるのと中身は同じだと思います。

 

プラリペアで原付のカウル補修

今回プラリペアを知ったきっかけは原付のカウル、厳密には純正オプションで付けたナックルガードの付け根が折れてしまったのが始まりです。

プラリペアで原付のカウル補修

プラリペアで原付のカウル補修

根元からポッキリです。
寒さ対策でつけたんですが、メーカー純正のクセに最初からこの作りだとちょっと力を入れたらポキッといきそうだなぁって思ってたら、案の定。駐輪場に置いといたら割れてました。隣に雑に停めてたママチャリのガサツそうなおばちゃんが怪しいとは思ってるんですが、まあ、しょうがない。
ただね、修理しようにも場所が悪い。根元部分なのでなんだかんだ力がかかるし、補強も難しい。結局、A剤B剤混ぜて使う接着剤を使ったんだけどうまくくっつかず、ビニールテープで何とかしてたんだけど、走ると結構力がかかる場所なので最初ヒビぐらいだったのがどんどん割れてきてしまって、結局完全に折れてしまいました。正直通勤用だし、下駄替わりの原付なので、そのままでもよかったんですが、さすがにこれ以上進むと、部品交換代で1万円也~♪ってことになりそうだったので元ヤンキー先輩のところに相談に行ったわけです。

ぶっちゃけね、この手の修理ってやったことがある人だったら分かると思うけど、結構大仕事になっちゃうんだよね。
裏側からガラス繊維のテープを貼って補強用のプラスチック版を張り付けて穴開けてピン止めして、下手するとバーナーで焼いて溶かして接着とかね。もしかしたら新しく買って付け直した方が安上がりかなぁって思ってたら、プラリペアを教えてもらったってわけです。
あいにく先輩の手元にあったやつは空になってたんでやり方だけ教えてもらって帰りました。あんまりしつこくしてるとスパナが飛んでくるんでね。その辺はさすが元ヤンキー、すぐキレますwww。

使い方は見た方が早いかな。
メーカーが分かりやすい動画を何本か公開してるので、私が説明するよりわかりやすいと思います。↓↓↓


プラリペア(補修剤)補修例.mp4


プラリペア(補修剤)ニードル法.mp4


プラリペア(補修剤)ひび割れ補修.mp4

最初ちょっとコツがいりますが、そんなに難しくはないです。
あとはすぐ乾くけど結構溶剤の臭いが強い。室内でやるときには換気は必要ですよ。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

早速プラリペアを使ってみます。
ナックルガードが車体についてるそのままではちょっと作業ができそうになかったので車体からカウルごと取り外しました。

赤丸の部分が今回割れてしまっている場所。
本体カウルに巨大な両面テープでベタッと貼り付けて固定してしまうタイプなので簡単には取り外せないんですよね。場所もカウルとの境界線で付け根の部分。ちょっと入り組んだ場所です。さすがにこの構造は割れやすいということが分かったみたいで、次の新型からはもっとちゃんとした構造に変わってます。チクショ~!!

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

応急処置のボンドとビニールテープのカスがべたべたついてるので、溶剤とアルコールを使ってきれいに落とします。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

きれいに落ちました。
ここまで落とせば問題ないと思います。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

固定用に表面にマスキングテープを張り付けて成型と固定をします。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

裏側からルーターを使って接地面を掘っていきます。
今回は思ったよりプラスチックが柔らかかったので本格的に削るタイプのハイスビットではなく、研磨用の砥石タイプで削ってみました。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

ちょっと溝を削りすぎたかなって思いましたが、まあ、こんなもんでしょう。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

プラリペアの中身です。使い方は上の動画で確認してみてください。
実はこのプラリペア、粉の方にカラーがあるみたいで、透明、白、黒の3種類のタイプがあります。
私が今回使ったのは透明タイプ。
くっつけるプラスチックがライトスモークの透明パーツなので、色がついてない方がいいです。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

説明のとおり、ちょんっと垂らしてたらしたゼリー状のものをすくい上げて使います。
最初はちょっと取りにくいですが、2~3回やればすぐコツはつかめます。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

溝を掘ったところに流し込んだところ。
すぐ固まってしまうのでこんな感じです。

 

プラリペアの使い方、原付のカウルを実際に補修してみた!

ちょっとわかりにくいですが、マスキングテープをはがし、さらに割れ目の隙間に表面からもプラリペアを流し込んで完全に埋めてしまいました。
本当ならここで、表面を耐水ペーパーとかで削って平らにするべきなんですが、今回透明パーツということもあり、そのままで完成としました。

プラスチックの修繕というのをやったことがない人は、これで「ふうぅ~ん、で?」というんでしょうが、過去にこの手の修繕をやったことがある人からしたら、マジありえないほどの強度と簡単さです!! マジ神だわ! すごいよ!!

 

プラリペアを使った感想

かなり雑な仕上がりになってしまいましたが、これ、相当すごいです。
こんなに簡単にこの強度が手にできるとは思ってもみなかったです。マジ先輩ありがとう~!! 早速見せに行っちゃったもんね♪
今回この程度の修理では一番小さなサイズを買っても全然減ってないですね。あと50回分ぐらい残ってます。どこか直せるところがないか物色中ですわ。
ただ溶剤の臭いだけは強烈、これだけは要注意。蒸発もしやすいので100円ショップの小さいタッパーとかに入れてまとめて密封しといた方がいいです。

修理した場所も、今回場所が場所だけに、ちょっと力がかかるポイントだし毎回振動するし、多少プラスチックの弾力性も必要って場所だったんですが、全く問題ないです。
マジですごいです。いやいや、ホント、普通だったらこんな簡単な修理じゃすまないんだって!!

試しにプラスチックでできた洋服掛けのフックが折れちゃったのを見つけて直してみたんですが、強度も充分。革ジャン2枚掛けしてみた。大体6kgぐらいになると思うですが、ビクともしない。折れてなかった根元の方がムリムリしなっててヤバいくらい。

おじさんDIYで大抵のものは自分で作ったり直したりするチマチマしたことが大好きなタイプなもので、今回は私も大満足ですwww。
私の一番の大物は友人宅に下地のコンクリ打ちから建てたガレージづくりで、半年もかかっちゃいましたね。自分ちのフローリングの張替えも本格的に自分でやろうとして今、家族に止められてますwww。
こういうタイプの人って、多いよね。
そういう人には今回のプラリペア、情報だけでも頭の隅に入れとくのっておすすめですよ。

 


武藤商事 プラリペア クリアー PL16C 【HTRC 3】

line


MUTOSYOUJI [ 武藤商事 ] プラリペア ホワイト [ 品番 ] PL16W [HTRC3]

line


MUTOSYOUJI [ 武藤商事 ] プラリペア ブラック PL16B【HTRC3】

line

その他 プラリペア 単品補充品などはこちら >>>

line

 - 男の美学 , ,