腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。筋トレとダイエットでおじさんもカッコいいモテ男になる!

フィジークとは? フィジーク女子にも大人気!女性はボディビルからフィジークへ

      2020/02/10

フィジークとは? フィジーク女子にも大人気!女性はボディビルからフィジークへ

前回 フィジークとは? ボディビルとの違いや審査基準の違いを解説 の続きです。

フィジーク女子にも大人気!女性はボディビルからフィジークへ

フィジーク女子にも大人気!女性はボディビルからフィジークへ

根強い人気がある女子ボディビルですが、実は女子ボディビルは年々減少傾向にあります。逆にフィジーク女子へとシフトチェンジが進んでますね。

理由はカンタンで、健康面への配慮からです。女性の場合、筋肉をつけすぎることと、体脂肪率を下げ過ぎると様々な健康被害を引き起こしかねないからということからですね。

筋肉をつけすぎることで男性ホルモンが優勢になってしまい、女性ホルモンの乱れを引き起こしてしまいます。また、女性の場合、体脂肪率を10%より下げてしまうと、女性ホルモンの乱れだけでなく、生理不順や不妊、免疫力低下も招き、がんになる可能性も高くなります。
おそらく健康になるために始めたはずのトレーニングが、競技という枠で体脂肪を絞ることによりかえって不健康になってしまうということが起きてしまってるんですよね。

そういったことも考慮され、女性には負担の大きい女性のボディビルディングから女子フィジークへのシフトが盛んになっているようです。
女子フィジークでは女性らしさ、女性の美しさが審査基準に入るので、極端な筋肉の増量や体脂肪の絞りすぎは減点対象になってしまいます。あくまで見た目のバランスが重視される競技なので、なんだか正しいところへ戻ってきたって感じなんでしょうねwww。

さすがにぽっちゃりはダメですが、なかなか健康的でセクシーな選手とかもいて、おじさん的にはフィジークの方が好みですwww。

ベストボディ、フィジーク、ボディビルの違い

ベストボディ、フィジーク、ボディビルの違い

フィジーク、ボディビルの他に、ベストボディという競技もあります。

海外では規定分けされているわけではないので、もしかすると日本独自のジャンルってことになるんですかね? 正直ちょっとフィジークとごっちゃになってるところもあるんですが、違いについて解説しておきます。

ベストボディはベストボディジャパン(BBJ)などが主催することが多く、トレーニーではあるんですが「誰が見てもカッコいい体」を追求するものなので、どっちかというとモデル系フィットネスタイプの人が多いと思います。
ちなみに上でちょっと書いているミスター&ミスモデルジャパン、ミスター&ミスベストボディモデルもベストボディのひとつのジャンル。ミスター&ミスモデルジャパンは細身の体のコンテストで、ミスター&ミスベストボディモデルはルッククス重視のコンテストです。

フィジークは発達した筋肉のトータルバランスを見るコンテストで、ベストボディとごっちゃにされることが多いですが、ベストボディより逆三角形の厚みのある発達した筋肉のある体を求められます。
ベストボディはカッコいい体を審査するコンテストなので、ボディビルダーのように筋肉が大きくても評価につながらなかったりします。体つきはもちろん、雰囲気やファッション、髪形、知性などの内面も求められ、スピーチなどの自己表現まで評価の対象に入ってきます。

ある意味持たざる者にはめっちゃハードルの高いコンテストですわwww。
系統としてはスリムで引き締まった細マッチョ志向の大会ジャンルといった方がいいかもしれないですね。

  • ベストボディ・・細身からスリムに引き締まったフィットネス系イケメンジャンル
  • フィジーク・・・バランスよく発達した筋肉のVシェイプ細マッチョ系ジャンル
  • ボディビル・・・筋肉量が多く筋肉の輪郭やカットがしっかり分かれているゴリマッチョ系ジャンル

日本のフィジーク大会について

日本のフィジーク大会について

まだ歴史の浅いフィジークですが、日本で行われているフィジーク大会は、

  • JBBF
  • NPCJ
  • ベストボディジャパン
  • サマースタイルアワード

この4つの団体が主催している大会が存在してます。

JBBFとNPCJは本来ボディービルの団体で、基本的にボディビルのフィジーク部門がフィジークの大会として開催されてる感じです。
JBBFとNPCJの違いはぶっちゃけ厳しさとドーピングを黙認しているかどうかですかね。JBBFは登録すると他の団体に出場できなくなります。NPCJは登録しても他の団体に自由に出場できます。初心者向けの大会もあって、どっちかというとちょっと規則は緩く、事実上ドーピングが黙認されてたりもします。ただし、家族で参加できるなど自由な分かなり楽しめる団体でもあります。

ベストボディジャパンとサマースタイルアワードは、細マッチョを評価する大会なので、フィジークに近いですが、厳密にはフィジーク大会ではないです。しかし、求められる筋肉量は少ないので、本格的にフィジークに挑戦する前に参加する人も多いので、かなり間口の広い大会だとも言えますね。

もしトレーニングしていて一度挑戦してみようというトレーニーにとっては、ジャンルの窓口は多く、刺激やモチベーションになると思いますよwww。

フィジークのバルク傾向への変化やステロイドについての懸念

フィジークのバルク傾向への変化やステロイドについての懸念

元々トレーニングされた筋肉でも全体のバランスを重視するフィジークだったはずですが、年々国内のフィジーク大会でもバルク志向が強くなってきてます。こういったマニアックな大会っていうのは、次第に尖ってく傾向があるのでしょうがないとは思うけど、海外の体の大きなフィジーク選手なんてかなりムキムキでボディビルの選手と言ってもいいぐらいの人もザラですからね。日本もそうなっていく傾向が強いです。

でもこれってどうなのかなぁって、ちょっと思いません?

結局ボディビルとフィジークが同じような位置取りをしてしまっては、フィジークがボディビルのただの亜種に成り下がってしまうのではないかと危機感を感じます。どこかで本格的に舵を正さないといけなくなりそうな気がしてます。

また、ステロイドなどの使用についてもグレーゾーンになっていて、気になっているポイントです。実はフィジークではアナボリックステロイド等の筋肉増強剤のテストは無いんですよね。認めているっていうことになってしまっているというか、ルール違反ではないです。スタノゾロールなども使っている人もいるかもしれないですね。バルク傾向が強くなってくると、これらを使用する選手も増えてくると思うので、その辺を危惧してます。絶対的に健康被害が出る薬物ですからね、ナチュラルバルクの大会であってほしいです。

どうしてもこういう大会があると、本来健康や体力維持で始めたはずのトレーニングなのに、健康のためなら死ねるという極端に走る人っていうのは少なからずいますからね。
特にトレーニーはストイックなタイプが多いですから、極端から極端へ突っ走らないように気をつけてトレーニングしてくださいwww。

フィジークとボディビル、自分の目指す方向性 まとめ

フィジークとボディビル、自分の目指す方向性 まとめ

今回ちょっとフィジーク寄りになってしまいましたが、フィジークとボディビルの違いについて紹介しました。ボディビルはとにかくバルクと筋肉量なので、分かりやすいといえば分かりやすいですwww。ボディビルと比較したフィジークの特徴をもう一度簡単にまとめると、

  • ボディビルより細めでウエスト超細目。
  • Vシェイプと言われる逆三角形の肉体美。
  • ルックスやセンスなど、女子目線が入る。
  • 下半身はほとんど評価されない。

こんなところです。

他にもベストボディなどもあるので、簡単にマッチョと言っても、結構いろんなマッチョがあるものです。
変な話、おじさんでも年齢別もあるので参加しようと思えばできてしまいます。

ただ漫然とトレーニングしていたという人でも、こういったジャンルが増えてくれると目標や自分が今どのぐらいのレベルで、どこを目指せばいいのかが明確になってくると思いませんか?

一般トレーニーにとっては、ボディビルよりフィジークの方がまだ手が届く距離にあると思います。モチベーション維持や体づくりのためにも、大会に参加するかどうかは別にして、意識としては利用できると思いますよwww。

 - 筋トレメニュー , , , ,