腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。肉体改造とダイエットで健康でカッコいいモテる男になる!

私のおすすめ、ヒートテックより暖かい、おたふくのあったかインナー!!

      2018/08/15

私のおすすめ、ヒートテックより暖かい、おたふくのあったかインナー!!

最近は暖かい下着が増えて、おじさんはうれしい!!
ヒートテックより暖かいと書いてしまいましたが、そもそもコンセプトが違うので比べるもんでも無いんですけどねwww。
おじさんになってくると寒さがこたえる!! かといってブクブクに着ぶくれるのもカッコ悪い。
減量や皮下脂肪を落としているトレーニーや、脂肪が少ない自転車乗りなら分かってもらえると思うけど、贅肉が少ないせいかとにかく寒くて風邪ひきやすいんですよね。ダイエットしちゃってるトレーニーは要注意www。
バイクにも乗ってるので、この辺の防寒対策は私、結構うるさいですwww。

トレーニーは基本体を動かすことが好きだったり、真冬でも汗かきやすかったりってことがちょいちょいあるので、暖かく動きやすく、汗を逃がす機能型のインナー選びは必須です。
ここ10年ぐらいいろんなインナーを試してきて、お気に入りが出そろってきたので紹介しておきますね。

 

とにかく昔は寒かった!! 最近の極暖インナーはすごいゾ!!

若かったからごまかせてたのか、年取ったからそう感じるのかは分かりませんが、昔はこんなに薄くて防寒機能に優れた服って無かったですよね。とにかく寒くて貧乏だったので学生時代はお腹に新聞紙を巻いてた記憶しかないですwww。
もちろん金をじゃぶじゃぶ払えば、すっごく暖かいウエアは手に入りました。でもね、ユニクロが出てくる前って、フリースは普通に2万ぐらいしたし、ダウンなんて安いのでも5万ぐらいは普通でしたよ。極暖ヒートテックぐらいの下着って確かに売ってたけど、一枚一万円オーバーで、私にはとても手が出なかったですわ。

今の高機能繊維ってすごいんだよね、汗や水蒸気を熱に変換したり、吸収乾燥させて熱に変えたり、ちょっと私の頭にはついていけないぐらいの謎の機能満載です。

でも、一番世の中変えたのは、ユニクロのフリースの登場でしょうね。
あそこから劇的に変わった気がしてます。あったかインナーが激安価格帯になり、超高級化学繊維を使うのではなく、単純に汗を吸い取って暖かくしてくれる裏起毛タイプが増えてきました。
いやぁ~、貧乏な私としてはうれしい限りです。

着ぶくれない普段使いとしても全然いけてるのですが、バイク乗りでロードレーサー乗りの私としては、バイク防寒用としても結構重宝してます。バイク用のウエアって、メッチャ高いんですよ。今でも防寒下着は一万近くしたり、バイクのバッテリーから電源とって電熱ヒーターが入ってたり、ギミックが凝りすぎててシンプルなものが好きな私としてはちょっと嫌。
ちょっと前までは、ダイビング用のラッシュガードってわかるかな? ダイバーやサーファーが着てる長袖のシャツみたいなの。水中で使うものなので保温性もいいし風も通さない。シーズンオフに買うと一枚1000円ぐらいで買えるのでそいつを下に着こんで冬は走ってたりしましたね。
ただ、今はかなりいいインナーが安く出回ってきてるので、そっちを使ってますwww。

 

極暖ヒートテック! おたふくボディータフネス! モンベルジオラインがお気に入り

さて、いろいろ使ってきた防寒インナーの中で、私のお気に入りの3シリーズ紹介です。
正直どれを選んでも後悔ないと思いますよwww。ちなみにこの手のインナーは体にぴちっと密着するタイプがほとんどです。伸びるストレッチ性があるので問題ないですが、このびちっとした感じが嫌な人は向いてないかも。
まあ、そもそもどれが一番いいと比べるものでもないと思うので、自分の使用目的に合っているタイプを見つけてみてください。

 

(モンベル)mont-bell ジオライン

(モンベル)mont-bell ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Men's

まず、一番高いモンベルジオライン。
これはちょっと値が張ります。とはいっても高いのでも5000円ぐらいかな?
厚さは薄手から厚手まで結構いろんな種類が出てます。欲張って厚手の物なんかを選んでしまうと、暑くて汗だくになるぐらい暖かいです。
そもそもモンベルは登山用の用品なので、汗をかいたり動いたりということが前提になってます。もしかすると運動しないとその真価は分かんないのかもしれないですが、その辺はめんどくさいんでパスwww。速乾性も優れていて、腕周りのねじれた作りなんかもめくり上がってこない工夫なんだと思いますが、かなり着心地がいいです。ただ、バイクなんかの風が吹きつける状態をあまり想定してないと思うので、バイクや自転車用には不向きかな。普通に使うんであれば、かなり薄着で過ごせる優れもの。関東地域であれば、コートとシャツ一枚にジオラインだけで一冬過ごせちゃいますwww。

モンベルジオライン

写真じゃ分かんねぇなwww。このモコモコっとしたボックス形状が空気層を作ってあったかバリアを張ってくれます。
科学的な羊毛層というか羽毛層というか、そんな感じのものを作ってるんですよね。よくまあこんなに薄いのにこんなに汗かくほど暖かいもんだと感心しますよ。

特にこのジオラインでいいのは、袖が普通の長さのこと。この手の下着は8分丈ぐらいが多いので、手首までは無かったりします。このちょっとの差ですが、これだけでもかなり違います。
ただ登山用シーズン物なので、ちょっとでも時期がずれると売り切れになってしまいます。買うタイミングがちょっと難しいですよね。

正直ちょっとお高めなので、私的には枚数も持ってないので、雪降ったときとか寒風吹きすさんでるときとか、特別な時だけって使い方が多いかな。タイツも合わせて使ってます。

 

おたふく手袋 ボディータフネス

おたふく手袋 ボディータフネス 保温 コンプレッション パワーストレッチ 長袖 ハイネックシャツ

このボディータフネスはあんまり知られてないですが、私のお気に入り、超おすすめです。
元々建築現場などの屋外作業用の下着なので安くて軽くて丈夫で動きやすい。おぉ、ナイス!!
ぶっちゃけネットで買うと800円ぐらいなんで、何枚かまとめ買いして一冬使って汚れたら洗濯しないでポイッと捨ててしまっても全然惜しくない。薄手なのに裏起毛で、丈夫な皮をかぶったフリースって感じです。

otafuku glove(オタフクテブクロ) おたふく手袋のボディータフネス 保温 コンプレッション パワーストレッチ 長袖

写真で分かるかな?
裏っ側はマジでフリースですわ。
ユニクロの極暖より2倍から3倍はあったかく、野外やバイクでは常用してます。ただ一応速乾性なんですが、調整はできないので、暖房の効いてる室内と野外を行ったり来たりすると汗だくになってしまいます。オフィスに留まったり電車通勤に使ったりっていうのでは、まあ、使ってる人もいると思うけど、あったかすぎてちょっと向いてないかも。意外と真冬の自転車乗りが愛用しているケースがあるみたいですよ。寒空で本領発揮といったところですかね。
袖は8分丈ぐらいなので、手首まではカバーできませんが、シャツの袖口から出てきてしまうようなことが無いようにという配慮のようです。
体にピタッとしていて体に接している部分はフリースであったかいんですが、生地表面はつるつるしててサラッとした感触なので、本当に動きやすい。さすが作業ウエア、最近ではたまにワークマンでも見かけますね。
私は現場仕事や屋外の仕事の時はワイシャツとパンツの下にコレの白を着込んで使ってます。超あったかいっすよ。
このおたふく手袋、っていうのも気に入ってて、毎年必ず何枚かタイツも含めて購入してますwww。

 

ユニクロ ヒートテックと極暖

ユニクロ ヒートテック極暖

ユニクロ公式HP : http://www.uniqlo.com/jp/

もう説明が要らないユニクロのヒートテックと極暖。
年々モノが良くなってきてますよね。
防寒という意味では、実は私が持っている中で一番防寒性は弱いです。ただし、室内や室外を行き来したり、オフィスに通勤したりというのには向いてますね。おそらくそういった普通の暮らしの中でいかに着ぶくれないで暖かく快適に過ごせるかというのがコンセプトだと思うので、私のような過激な寒中我慢大会みたいなのに引っ張り出されて向こうの方が迷惑がってるかもしれないですwww。

私も冬の普段使いではスーツの下はヒートテックを着込んでいることが多いです。特に電車通勤やオフィス内勤の時なんかは絶対ヒートテックの方がいいですね。
取りあえず、毎年5枚は買って使い倒してます。

ただ気になるのはエアリズム、普通のインナー、ヒートテックって、全部白を買ってると、ぱっと見、どれがどれだかわかんないんだよね。時間が無くてパッと手に取ったのを着てったら、真冬にエアリズムで、俺を殺す気か!!ってなったことが数回あるッスよwww。
みんな間違えないようにねwww。

 

ここでちょっと話はそれるけど、モモヒキみたいでインナータイツまではいまいち抵抗があるなら、ユニクロの暖パンがよくできてておすすめですよ。
正直3年ぐらい前だったらすすめなかったけど、ここ最近はモノがすごくよくなってきてます。防寒フィルムが入ってるのはいまいちだけど、これだって来年はもしかするとよくなってるかもwww。
ここ10年ぐらいでメンズのタイトカジュアルが定着してるので、ユニクロもその流れで意外とスリムで細身のカッコいいパンツが多い。暖パンはその流れを崩してないので、中がモコッとして暖かいのに見た目じゃわかんないしシルエットがきれいでおすすめ。しかも細いのにストレッチが効いててすごく動きやすかったりするのでびっくり。まあ、GUでもいいんですが、コッパンタイプもあるのでセットアップで履くならちょっとビジネス寄りで使うのもありだと思います。
暖パン、一度手を出してしまうと冬は手放せなくなりますよ。恐るべしwww。
(※足が筋肉武装されててブッ太い人はゴメン、多分入んないですwww。インナータイツに挑戦してみて!)

 

自分が一番使うシチュエーションに合わせてインナーを選ぶ

私のお気に入りを見てもらって分かると思いますが、極寒から通勤レベルまで、こんなにいろんな種類を使い分けてる人はそうそういないと思いますwww。
自分のお気に入りのタイプを一枚見つけておくだけでもずいぶん冬の過ごし方が変わってきますよ。

一言で防寒インナーと言っても、普段使いからかなり特殊なものまで、どのシチュエーションで使うことが多いかで各社様々なコンセプトで結構うまいこと住み分けしてます。

完全に普段使いで半そで長袖揃ってて使い分けができる、中に着るものを一枚減らしてスリムにしたいというのであれば、ヒートテックが向いてます。
寒空の中、野外で活動したりウロウロしたりということが多いのであれば、ボディータフネス。極寒で活動したり雪の中でウロウロというのであれば、モンベルジオライン。
自分の生活のシチュエーションに近い、使い勝手のいいものを選ぶのが無駄金を使わず温かく過ごすコツ。

まあ、使い方や体感は個人差あるので、私のように普段使いでボディータフネスやジオラインを使ったっていいし、ヒートテック4枚重ねで極寒対策したって誰も文句言いませんwwww。

ただ、やっぱり体脂肪を落としてしまっているトレーニーは寒さが本当にこたえるので、おすすめはボディータフネスかな。トレーニーは日常使いでも汗をかきやすいので、暖かく動きやすく汗を逃がす機能型インナーが向いている、というのは基本なので、ここだけはしっかり押さえておいてください。

まあ、アウター一枚買うと思えば全部一枚ずつまとめて買ってもおつりがくる値段なので、一度いろいろ試して冬の定番を見つけておくのも一興ですよwww。

 

アジカ

 - ファッション, 男の美学 ,