書籍・マンガ

筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由を読むべき理由

2020年4月24日

筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由を読むべき理由

クソオヤジの私としては耳の痛い「老化」。
日々筋トレやランニングなどまったく運動をしないで30代40代を過ごしていけば、間違いなく急速に若さを失っていきます。すでに筋肉と若さの関係は科学的に数々の証明がされていることですしね。

趣味人としてやりたいことが目白押しの私としては、人生後半はお楽しみタイムです。
なのに健康が長続きしない、ヨボヨボになってしまっては元も子もありません!!
まだまだ先の話と思っていても、筋トレと腹筋を今からバンバンやっているわけです。

こう見えてもビクトリーで優秀なサラリーマン(自称)の私wwwww。
多くの一部上場大手企業のおっさんたちを見てきました。
定年後も付き合いのあるシジイだっています。
おかげで50代を境に急激に老けこむ人と、ますます元気に吠える人とはっきり二極化しているのを実感してます

昔に比べて年寄りのイメージは変わってきていますよね。昔の50代60代なんて、今の70代80代と同じぐらいで、ハゲの山羊ひげ、いつくたばってもおかしくないほどヨボってたと思いますが、今ではまだまだ働き盛り。
てすが、やはり50代という年齢を境に、年を重ねてヨボヨボになっていくか、ピンピンしたクソじじいになっていくか、大きな分かれ道になっている事だけは確かなようです
下手すると65歳前後でポックリという人も何人か見てますよ。

科学的には人体内分泌物での後遺症は20年~30年潜伏期間があり発現するといわれています。
例えば脳内分泌物のエンドルフィン、天然の脳内麻薬というやつです。寝ないで仕事や勉強を続けると大量にドバドバ脳内から分泌されます。10代後半から20代前半頃寝ないで勉強してきたエリートが40代後半で若年性痴呆症になるリスクが高くなるというのもこのパターン。
人体の構造上、30代から運動習慣がないと、50代から体が弱っていくのも、このパターンに当てはまります。
さらに最悪なのが、30代40代に運動不足だと50代60代以降、認知症のリスクが高まるという研究結果も出ています。

どうしたらいいか悩みどころですよね。

ところが、脳細胞や神経系細胞と違い、筋肉は年齢に関係なく鍛えれば発達し続ける組織です。80代になっても、鍛えればリカバリーができてしまう組織です。全身の臓器、細胞の中で、唯一老化を止めることができ、筋肉を鍛えることで全身の劣化老化を大幅に遅らせることができるんです。

筋肉量が減れば筋肉だけではなく、骨密度も低下します。
やがてはヨボヨボ、いつかは寝たきりです。
特に30代を境に年1%の割合で減っていくのは速筋です。「ウォーキングをやっているから大丈夫」だと思ってませんか? 残念ながら、ウォーキングなどの運動は遅筋のトレーニングにしかならないので、いくらやっても筋肉量の減少の歯止めには役立ちません。
つまり一言で筋トレと言っても、有酸素と無酸素の両方の筋トレをしていかないといけないわけです。

筋肉をつけていけば老化を抑止できる。骨密度の低下を抑止できる。背筋の伸びた見た目の若さも維持でき、認知症の予防にも役立つ。

著者は筑波大学大学院教授の久野譜也先生です。「寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい」「寝たきり老人になりたくないなら ダイエットはおやめなさい―「筋肉減らし」が老いの原因だった」などのベストセラーを出したスポーツ医学の第一人者。ぜひ気になる人はこちらにも目を通しておくことをお勧めします。

そんな久野譜也先生が、人が老化していく上で「筋肉の劣化」がどう影響し、また筋肉を鍛えることで減少がどのように食い止められるのかを、詳細な科学的データを元に、分かりやすい文章で説明してくれています。

後半では先生がすすめる効果的な筋トレ法がイラスト入りで紹介されていますので、ぜひトレーニングに取り入れましょう。

同じ年齢でも、見た目の「劣化」が激しい人とそうでもない人の違いは何なのか。
その答えを知りたい人は、ぜひ手に取ってもらいたいですね。

正直、筋トレは大切! ということが、ちょっとしつこい感じはありますが、筋トレをやらない人って、このぐらい言ってないとやらないんでしょうね。ぐずぐずしてる人への最後の一押しをしてくれる本なのだと思います。

人生後半のお楽しみタイムを、充分楽しむためにも、10歳は若返る体力を維持しましょう。
細かく細かく筋トレを意識すれば、どうやら無理な話ではないようです。
「若さ」は自分の意思で決められるんですよ。

 

おすすめ一覧




筋トレスタートは夏場が狙い目!!

筋トレ知識

2021/6/23

筋トレスタートは夏場が狙い目!

  スポーツの秋といいますが、気温の下がった秋にスポーツを始めても、そのスポーツを冬まで続けているという人をほとんど見たことがありません。 原因の一つは、初心者は熱中症に代表される体内温度のコントロールができないことです。 スポーツをしたことがない人がいきなり運動をしても、体内温度をうまく外に逃がすことができなくて、苦しい、つらい、だけが残ってさっさとやめてしまうことが多いんです。   スポーツ、筋トレをスタートアップさせるには、夏場が一番いいと思ってます。 「おいおい、夏場になんか始 ...

ReadMore

日本人はたんぱく質が足りてない?

プロテイン 筋トレ知識

2021/7/1

日本人はたんぱく質が足りてない?

  日本人はたんぱく質が足りてない? 自覚はないけど、ホント? 最近は意識高い系の人が増えてきたからそんなことないんじゃないの?って思ってたんですが、まだまだ完全にマイノリティー、ごく少数派で、一般的には全然浸透してないみたいですよww。 今回はトレーニーだと意識しまくりですが、一般的にはまだまだこんな認識ってところで、このギャップを解説していきたいと思います。 文化圏の違いとは面白いもので、健康のために栄養素をどんどん足していく足し算文化と、減らしていく引き算文化の2種類が存在します。 欧米は ...

ReadMore

プロテインを飲むんだったら、フレーバータイプ? プレーンタイプ?

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/25

プロテインを飲むんだったら、フレーバータイプ? プレーンタイプ?

  プロテインは実にいろんな種類があります。正直初心者だったら何を選んだらいいのかわかんないぐらいですよねww。 選ぶときの基準も様々、精製方法だったり、原料だったり・・・まあ、基本的には機能・性能で選ぶでしょうね。体質の問題やアレルギーなどで選択肢を変える人だっています。 そこで、ちょっと趣向を変えて、味での選択というところに目を向けてみましょう。 まず、味、フレーバー最優先! って人、まずいないでしょう? いたらよっぽどの変わり者ですよ。 普通はホエイかソイか、ホエイだったらWPIかWPCか ...

ReadMore

アミノ酸スコア100ってなに? プロテインスコア? プロテインを選ぶ時に知っておくべきこと

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/23

アミノ酸スコア100ってなに? プロテインスコア? プロテインを選ぶ時に知っておくべきこと

  プロテイン表示に書かれている中に、アミノ酸スコア100というのがありますよね。 「ふぅ~ん、そうなんだ」ぐらいで、最初の頃あんまり深く考えていなかっんだけど、そもそもアミノ酸スコアってなんだ? という基本的な疑問、ありません? プロテインを選ぶとき個人的な見方として、必要なポイントは大きく分けて、 「使用目的の原材料」 「たんぱく質分離の製法」 「たんぱく質の含有量」 「たんぱく質のクオリティ」 「追加栄養素ブレンドの内容」 この5つがあると思ってます。 どこをポイントにするかによって、個人 ...

ReadMore

プロテインを牛乳で溶かして飲まない理由

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/22

プロテインを牛乳で溶かして飲まない理由

  私はプロテインを飲むとき、水で溶かして飲みます。 他の人に聞いてみると、かなりの割合で牛乳にプロテインを溶かして飲んでいるという答えが返ってきますよね。 ジムで飲む場合などは牛乳が保管ができないのでミネラルウォーターという場合が多いみたいだけど、自宅トレや自宅で飲む場合は牛乳+プロテインというケースが多いようですよ。 私はぶっちゃけいろいろメリット・デメリットがあって、水オンリー、浄水器を通した水で飲んでます。使い分けた方がいいらしいけど、めんどくさいので水でいいですわww。 そもそもホエイ ...

ReadMore

-書籍・マンガ
-, ,

© 2021 腹筋は男の美学