腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。筋トレとダイエットでおじさんもカッコいいモテ男になる!

【ジム並みトレーニング】自宅で鍛える筋トレ器具&マシン人気ランキングTOP6!その2

      2020/02/16

【ジム並みトレーニング】自宅で鍛える筋トレ器具&マシン人気ランキングTOP6!

【ジム並みトレーニング】自宅で鍛える筋トレ器具&マシン人気ランキングTOP6!その1 の続きです。
解説と選び方で前回長くなってしまいましたwww。
ちょっとランキングとしては不自然ですが、2ページに分けました。

【ジム並みトレーニング筋トレ器具】人気ランキング3位 パワーボール

次に人気なのが私のサイトでもおなじみ、パワーボールです。

正式名称はなんだ? パワーリストボール、パワーリストボール、パワーボール、ローラーリストボール、スナップボール、各社独自でいろんな呼び方をしてるんだけど、パワーボールでいいよねwww。
パワーボールは、中のボールを高回転させて、その遠心力で手首や握力を鍛えるっていう筋トレ器具です。

構造はカンタンでしかも超頑丈なので、めったなことでは壊れないし、故障するってことも無いでしょうね。私が最初に買ったパワーボールは20年近く普通に現役だったし、構造も今と変わってませんでした。変わったのは値段ぐらいかなwww。当時は6000円ぐらいしたけど、今は安いのだと1000円しなかったりするし、最新版の方がいろいろ高性能www。

さて、実際このパワーボール、使うためにはちょっとしたコツがいります。よっぽど不器用な人でなければ何回かやればコツがつかめると思いますが、中の球体を高速回転させることができればすぐ使えます。

■パワーボールの選び方、注意点としては、

  • オートスターターが付いてるとすごく便利
  • 周りがゴム巻になってるタイプだと滑らなくてよい

正直言って最初からやたら頑丈だし作りもシンプルなので、あんまり注意点って無いんだよねwww。

しいて言えば変なギミックがいろいろついてない物の方が壊れないのでいいってぐらいですかね。その中でも、オートスターターだけは付いてるものの方がいいです。中のボールを回転させる専用の紐が付いてくるんですが、この紐はすぐどっかいっちゃいますwww。なので、紐が無くてもスタートさせられる、昔のチョロQみたいなスターターが内臓で付いてる方が何かと便利ですよ。

後はそうだなぁ、握るというより掴むという感覚なので、周りがプラスチックそのままより、ゴムが巻いてある方が掴みやすいし滑らないのでいいと思いますよ。

ぶっちゃけ1分もブンブン回していると、凄いビルダーでも前腕パンパンですよ、パンパンww。
人によって前腕でも筋肉が張る場所が違うみたいなので、弱い部分を見つけるにも役立つかもしれません。
実際の使い方・回し方は別ページで説明しているのでそちらを見てください。

【ジム並みトレーニング筋トレ器具】人気ランキング4位 プッシュアップバー

このプッシュアップバーは定番ですがまさか上位に入ってくるとは思ってなかったグッズです。
まあ、プッシュアップバーと腹筋ローラーは一家に一台ずつ常備が常識ですからねwww。
安い、軽い、場所を取らない、と、お手軽筋トレグッズの代表格のような存在です。

主にプッシュアップ(腕立て伏せ)専用グッズですが、ある程度応用が利く器具っていってもいいかな? プッシュアップの際、体を深く落とし込めるので、より大胸筋や肩前部に強く負荷をかけられます。

■プッシュアップバーもあんまり選び方、注意点がないんですが、

  • 床で滑らないものを選ぶ
  • 素材で選ぶ

このぐらいしかないんですよねwww。あとはカッコいいって思えるものでいいんじゃないですかね。

結構いろんなタイプが出てるので最初は迷うかもしれないですが、基本頑丈なものであれば問題ないです。プッシュアップの途中でズリッとずれてしまっては問題なので、床との接地面が滑りにくいゴム製であれば問題ないでしょうね。手首部分が360度回転するタイプ とかもありますが、最初はギミックの無い固定式の方がいいと思います。最近のプッシュアップバーは、握る部分に傾斜がついているものが多いですね。最初私もこの傾斜はどうなんだろう? 余計なギミックなんじゃないのかと思ってましたが、使ってみて開眼! 超使いやすい! おすすめですwww。

素材としてはプラスチックの塩ビ管の組み合わせで作られたものと、金属の鉄パイプで作られたものの2種類があります。どっちも一長一短あってどちらがいいとは言いにくいんですよね。塩ビ管で作ってある方は軽くて扱いが楽なんですが重ねて置いておけないのでちょっと場所を取る。金属製は頑丈で重ねて置けるので便利だけど傾斜が付いたものはなく、結構重い。どっちがいいかは好みで選んでください。

【ジム並みトレーニング筋トレ器具】人気ランキング5位 チンニングマシン

次の人気はチンニングマシンです。

懸垂専用のぶら下がり健康器の一つですねwww、ワイドグリップができるのが特徴かな。
素人だと上腕二頭筋のトレーニングと思われがちですが、腕じゃなくて背中が中心のトレーニング器具なので、背中を意識してトレーニングするのがコツですね。

さて、今までで一番大型のトレーニング器具ですが、これはかなりおすすめです。ダンベル・バーベルで鍛えるより少ない時間で背中バッキバキに鍛えられます。個人的には、簡易型の 柱に取り付けるチンニングバードアに引っ掛けるチンニングバー もあるにはあるけど、このぶら下がり健康器型の方がいいですね。はっきり言って簡易型の方は、かなり部屋の建築構造に依存します。私の家では一切使える場所がありませんでしたからねwww。

■チンニングマシンの選び方、注意点としては、

  • ワイドとナローの両方のチンニングができる
  • 耐荷重制限
  • 台座の大きさ
  • ディップスのやりやすさ

ワイドグリップとナローグリップの両方ができるのはまあ、最低限として、ぶっちゃけ一番の問題点は耐荷重制限と台座の大きさでしょうね。ぶら下がれる最大荷重が300kgとかあれば絶対不満はないと思うけど、それだと台座が大きくなりすぎてジャマだし、小さすぎても不安定で危険になってきます。一般家庭向けサイズで何とかなりそうなのっていうと、耐荷重100kgぐらいのサイズ感じゃないですかねwww。

今売れてるチンニングマシンだと、腹筋を鍛える垂直脚上げ用の肘置きが付いてるタイプが多いよね。はっきり言ってあれ、いらないです。ディップスが安定してできる構造の物であれば普通に垂直脚上げできるし、むしろあの肘置きのせいで無駄にスペースを取って邪魔ですよ。ディップス部分が長い、幅のあるしっかりしたタイプを選んだ方が省スペースで済むし、見てくれは地味ですが、分かる人には分かる、通な選び方だと思いますよwww。

【ジム並みトレーニング筋トレ器具】人気ランキング6位 トレーニングベンチ

説明の難しいトレーニングベンチが上位に入ってきました。

一口にトレーニングベンチと言っても色々ありすぎて、正直ちゃんと説明しようとしたら1ページじゃ収まらないんですよねぇ。ちなみに私のサイトで人気だったのは折り畳み式のフラットベンチでした。
定番なのはやっぱりフラットベンチなんでしょうね、これ一つあるだけでトレーニングの幅が格段に広がりますからね、自宅トレであれば絶対一台は持っておいてほしいグッズの一つです。

■トレーニングベンチの選び方、注意点としては、

  • 耐荷重300kg以上
  • あまり複雑な構造のものを選ばない

トレーニングベンチの場合、まず固定式折り畳み式があります。

形としてはフラットベンチインクライン・デクラインベンチに分けられます。

インクラインは座席側も角度が付けられるものやレッグホルダーが付いたもの、ウエイトが付けられるようになっててレッグエクステンションができる物などかなりバリエーションがありますね。で、結局どれがいいのかって言われると、私個人としてはいろいろごちゃごちゃくっついてなくて、シンプルな構造で頑丈というのが一番ですかねwww。耐荷重300kg以上というのも、もしベンチプレスに使っても安全な方がいいですし、複雑な作りだと必ずどこかにガタがきてグラグラしたり安定性が無くなることが多いからです。

自宅用として使うんだったら、足が折りたためる折り畳み式が便利ですかね。

う~ん、最初に買うんだったらフラットベンチ?、でも筋トレが進んでくると絶対インクラインは必要になってくるし・・・ん~~~~、どっちでもいいですwww。最終的には両方買っちゃうと思うのでwww。

フラットベンチはガッシリしてるので極端な応用には向かないし、インクラインベンチでもフラットベンチみたいに使えるけど、安定性はやっぱりフラットベンチにかないません。なんにでも使えるって結局なんにも使えないってのと同じというのは夜中のテレビショッピングで学んだでしょう?ww、気になるタイプを選んで使ってみてください。そこから自分の筋トレにあれが足りないこれが足りないを見極めた方が速いと思いますwww。

本格的にジム並みに鍛える究極は「夢のホームジム」

ちょっと話はそれるけど、やっぱり自宅トレの夢はホームジムですよねぇwww。

ただここまでやっちゃうのは正直相当勇気がいりますwww。こんなにそろえるんだったらジムに行った方がコスパは良いっスよ。ホームジムになってしまうと、やっぱり重さ対策が必要になってくるので、家のコンクリートの基礎に直置きか、倉庫や車庫に置くってのが現実的かもしれないですね。相当山奥でジムに通えない一軒家か都心のリッチマンだけの特権かもしれないですねぇ~。いや、別に悔しくなんかないしwww。

パンピーサラリーマンの私に見え隠れする現実的な形としては、パワーラックでしょうか?

ただこれもねぇ、家にあるとデケェんだわwww。自宅にパワーラック導入してる人を知ってるけど、一部屋完全につぶれます。しかも床はピアノ仕様の床に改装してて、グランドピアノを置いても大丈夫らしい。ホントに見え隠れするだけで、全然手が届きませんwww。

凄く良いんだけどねぇ、ここまでやるんだったら低コストでチマチマ筋トレしてた方が私には合ってるかな?
パワーラックとか言い始めたら多分自宅トレはあきらめて、ジムに通うようになると思いますwww。

正直ここまではやれないけど、低コストでも充分筋トレは自宅で出来るので、オリジナルのホームジムを作り上げてみてください。

まとめ

【ジム並みトレーニング】自宅で鍛える筋トレ器具&マシン人気ランキングTOP6!

今回ジム並みに鍛える筋トレグッズを私のサイトのランキングから引っ張ってきました。

結構みんな自宅筋トレやってんだよねwww。

今回の6種類の筋トレ器具は、シンプルでコスパがいい物ばかりですが、結構本格的に鍛えられて、かなりのレベルのところまで筋トレできると思います。ジムで鍛えても自宅で鍛えてもウエイトの重さは変わりませんからね、ジムに通うのは何となく敷居が高くて嫌って言う人は、まずは腹筋ローラーからでも始めてみてください。

きっと楽しい筋トレライフが待ってますよwww。

 - 筋トレメニュー, 筋肉情報 , ,