腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。肉体改造とダイエットでおじさんでも健康でカッコいいモテる男になる!

WAKO'Sのフューエルワンがいつの間にかリニューアル。容量200mlになっても効果・使い方変わらず?

      2019/09/24

WAKO'Sのフューエルワンがいつの間にかリニューアル。容量200mlになっても効果・使い方変わらず?

WAKO'S(ワコーズ)のフューエルワンがいつの間にかリニューアルしてましたねw。
一万キロごとの使用なので完全に見逃してましたwww。
一瞬容量が減って実質的な値上げなのか? とも思ったんですが、300mlから200ml変わっても高純度濃縮版になって効果UPらしいですwww。

フューエルワンはクルマ好きだったら知らない人はいないでしょうね、いわゆるクルマの燃料に混ぜて使う、洗浄系の燃料添加剤です。エンジンの中のカーボン・ワニス・ガム質なんかを溶かして除去する効果があるといわれていて、他にもなんだかいろんな効果があるみたいですが、まあ、洗浄効果がメインでしょうねwww。

ぶっちゃけYoutubeを見ると分かりますが、効果検証についてはかなり本格的な実験をしてる人が多く、出尽くしてる感があるので今さら私は実験なんてしませんよwww。私も年式の経ってるポンコツの車やバイクで長年使ってるので、もしクルマを大切に長く、調子のいい状態で乗り続けたいと思っているのであれば、おすすめできるかなぁって思っていたので、今回ピックアップしてみましたwww。
おじさんにはクルマ命の人、多いッスからねぇ~。

正直エンジンの添加剤・洗浄剤って10代の頃からいろんなものを散々使ってきたけど、当時は、まぁ~金返せって物が多かったwww。そんな中で確かに効果を実感したのってこのフューエルワンぐらいかなぁ。ケチな私がこれだけは定期的にずっと使てるので、ホントおすすめですわwww。


ワコーズ F-1 フューエルワン ガソリン(2サイクル・4サイクル)・ディーゼル兼用洗浄系燃料添加剤 200ml

フューエルワンって何?

フューエルワンって何?

フューエルワン(FUEL1)は、WAKO'S(ワコーズ)の洗浄系の燃料添加剤です。
最高純度のPEAと相性の良いIVD清浄剤を組み合わせて高濃度に配合し、その効果を最大限に引き出す成分構成になっています。と言われてもチンプンカンプンだよね、簡単に言えばガソリンタンクに入れて使う添加剤ですwww。
主な性能としては、

  • 堆積したカーボン・ワニス・ガム質などの除去
  • 燃料タンクの腐食の抑制・水抜き剤としての効果
  • 燃料の酸化劣化抑制
  • 燃費の向上

などなど、いろいろ効果があるようです。

基本的にはガソリンに混ぜるタイプなので、ガソリンの通る、吸排気系、インジェクター、キャブレター、吸気バルブ、シリンダ―ヘッドなどに蓄積したカーボンやガム質を溶かして洗浄してくれる洗浄剤としての機能がメインでしょう。
エンジンの構造上、直噴型エンジンとディーゼルエンジンの排気バルブの洗浄はできないでしょうけどねwww。

新車の時から入れると良いって聞きますが、どうなんでしょう? いつも中古のマニアックなポンコツばかり乗り継いでるので、新車からは使ったことがありませんwww。個人的には1万キロごとに使っているって感じです。

特徴としては、このフューエルワンを入れると、エンジンブレーキの利きが少し悪くなりますwww。まあ、エンジンの滑りが良くなるって感じなのでしょうかね、極端ではないですが、少しエンブレが悪くなります。すぐ慣れてしまうレベルですが。

「エンジンが調子よくなった!」「燃費がすごく向上した!」っていう人が結構いますが、そんなわけないですwww。フューエルワンを過信しすぎwww、ほぼプラシーボですよ。もしホントにフューエルワンを1本入れただけでそうなったんであれば、今すぐ整備に出してエンジン開けた方がいいですwww。正直言って、そこまでの特殊効果があるはずがありません。ちょっとカーボンが落ちただけで激変したのであれば、クルマの吸排気系に何か重大な故障か欠陥が発生してる可能性がありますよwww。

個人的には、インジェクターやキャブレターのカーボンやワニスを溶かして通りが良くなるので、アクセルの開け閉めでの調子が良くなるっていうのが一番のポイントなんじゃないかと思ってます。特にインジェクターはコンピューター制御なので、詰まってきて正常な量のガソリンが噴射されなければ、ノッキングや一瞬遅れて加速したり、アクセルのもたつきが出るし、燃費も悪くなります。
また、エンブレの効きが悪くなるっていうことは、機械的な噛み合わせの一部の滑りが良くなっているっていうことなので、それがエンジンの調子の良さと勘違いするケースがあるのかな? 数万キロ乗って日頃動かしているエンジンというのは、機械的な噛み合わせがピタッと合ってくるので、下手な新車より調子が良かったりするんですよね。その一部が滑らかにある程度なるっていう感覚だと思ってます。

この手の添加剤を入れると劇的な変化と新車のような機能向上を平気で求めますが、千円ちょっとの添加剤でそんなことありえるはずがありませんてwww。
私個人としては、インジェクター、キャブレターの通りが良くなり、エンジンの分解清掃までやらなくて済むぐらいの現状維持をある程度保ってくれる液体、ってぐらいの認識で使ってます。
過度な期待はやめましょうwww。

フューエルワンの使い方

フューエルワンの使い方

リニューアルして300mlから200mlになってしまいましたが、濃縮になったみたいです。
開けてみると分かりますが、以前の物よりなんだかちょっと「とろみ」がついてます。ん~、濃縮って感じですwww。第二石油類から第三石油類に変わって、洗浄効果の高い成分を配合できるようになったらしいですが、その辺はよくわかんないですwww。

さて、使い方ですが、基本的には以前と変わりません。

旧フューエルワンは燃料30~60Lに対し、新フューエルワンは燃料20~60Lに対して1本を燃料タンクに注入します。
20L以下のタンク容量に対しては、濃度1%を超えないように注入します。

要するに新フューエルワンの200ml、一本で入れられる最小ガソリン量は20Lということになるわけですねwww。
クルマの場合、こんな小さなガソリンタンクはないので、そのまま1本入れちゃえばいいです。この計算が必要になるのはオートバイや小型トラクターということになるんでしょう。

1つリニューアルして不満があるのは、オートバイの場合、旧フューエルワンでは300mlで1%だったので、15Lのガソリンタンクだったら2回分あったんだけど、今回は2回分無いんだよねぇwww。まあ、クルマの場合は1%以下になっちゃうので、ケチって薄めでもいいんだと思うんだけどwwww。
濃過ぎなければOKです。

計量は100円ショップの計量カップで充分

ぶっちゃけ計量は100円ショップの計量カップで充分ですwww。
注ぎ口がちょっと長めの方が使いやすいですよ。

ちなみに濃すぎるのがダメなのは、PEAという洗浄成分が難燃性のため。
PEA濃度が濃すぎると点火タイミングが遅くなったり、ゴムパッキンが劣化したりしちゃったりします。具体的にはエンジンが咳き込んだり、アドリングがおかしくなったりしますよwww。
薄めなら許容範囲内ですが、濃すぎるのはダメってことです。

また、注入タイミングとしては、私は1万キロごとって感じです。
できればオイル交換1000キロ前ぐらいがベストかなぁwww。
溶けたカーボンやワニスは、排気ガスとして燃やされて出ていくというより、エンジンオイルに回収されていくっていう方が正しいので、フューエルワンを入れた後のオイル交換って、オイルがいつもより真っ黒ですわwww。

手順としては、

オイル交換1000キロ前
 ↓
フューエルワン注入後、ガソリン満タン
 ↓
フューエルワンが入ってるガソリンはなるべく使い切る
 ↓
もう一回ぐらいガソリン満タンで使い切る
 ↓
オイル交換・オイルフィルター交換必須

こんな流れで使ってます。

ちなみにフューエルワンの少量使用の場合の1%計算です。

20L 200ml
15L 150ml
14L 140ml
12L 120ml
10L 100ml
7.5L 75ml
6.6L 66ml
5L 50ml
1L 10ml

こんな感じですwww。
小型のオートバイなどはこの容量を守りましょう。
薄い分には問題ありません。

ただ個人的に使った感想でいうと、小排気量のオートバイなどにも使ってみましたが、あまりピンッとはこないかなぁって感じてます。おそらく小排気量のオートバイだと常用エンジン回転数が高すぎるとの一回のエンジン割合の燃料量が多いため、燃料が順次好調に循環してしまうせいじゃないかと思います。効果があったのは2週間に一回ぐらいしか乗らない50ccの原付と、排気量は400cc以上って感じでしたwww。
ちなみに660ccの軽自動車もあんまり実感が感じられなかったかなぁ~。
1000ccからコンパクトカーの方がはっきり違いを感じられましたね。

ピットワーク「F-ZERO」も中身は同じフューエルワン


PITWORK(ピットワーク) 燃料系洗浄剤 F-ZERO(エフゼロ) レッドキャップ【ワコーズ製日産向けOEM商品】(ガソリン、ディーゼル共用燃料添加剤) 300ml

同じ燃料系洗浄剤の「F-ZERO」という添加剤も評価が高いですが、実は中身はフューエルワンと同じです。
これは結構有名なお話www、ワコーズ製日産向けOEM商品です。

中身は同じでも、300mlということから、おそらく旧フューエルワンと同じって思った方がよさそうかな?
わずかながら洗浄成分が違っているようなんですが、効果にそんなに極端な違いはないと思います。昔、確か三菱からも同じようなOEM商品が出てたような記憶があるんだけど・・・勘違いかな?

直噴エンジン対応策として販売してるんだと思うんだけど、まあ、メーカーがOEMを出すぐらいなので、信頼できると思った方がよさそうですね。

価格ではフューエルワンより数百円安いので、大量に使う人やまとめ買いが必要な人は意外と「F-ZERO」という選択肢もありなんじゃないかと思いますが、どうでしょう?

フューエルワン、酔わせて喋らせたプロの見解

フューエルワン、酔わせて喋らせたプロの見解

「プロの整備士がそんなもんに頼りだしたらおしまいだよ!」
プロはどう思ってんのか、同級生のプロの整備士を居酒屋でぐでんぐでんに酔わせて本音を言わせてみましたwww。

まあ、いろいろ愚痴は出たのですが、要約すると、エンジン内のカーボン除去をプロの整備士がエンジンを開けて作業しても相当大変な作業で、そう簡単にできる物でもない。それをフューエルワンを一本入れたからって、ピカピカになると思ってるなんてバカバカし過ぎて笑ってしまう。そんなことができたら整備士なんかいらないじゃん!とのことwww。確かに物販で客に売ることもあるけど、ほぼプラシーボ効果ぐらいと思っているらしく、燃費が良くなったなんて言われると笑っちゃうそうです。

プロの整備士のプライドからすると、ピカピカにしたエンジン内部がまた汚れないように、現状維持するための添加剤って位置づけが一番ピッタリくるみたいです。
ただ、私も感じていたインジェクター、キャブレターの詰まりや不調というのは年式が上がったり走行距離が延びればどうしても出てくるので、オーバーホールするまでいかなくても通りは確かによくなるので、そこは優秀とのこと。ただし本格的に不調になったらオーバーホールはした方がいいって言ってましたね。インジェクションの場合は総取り換えになっちゃうけどwww。

確かにね、言われた通りだと思いました。ちなみに、自分でエンジンって開けたことあります?
開けたことがある人だったら分かると思うけど、エンジンのカーボンってエンジンコンディショナーをじゃぶじゃぶ使ってもちょっとやそっとじゃ取れないし、一瞬ちょっと途方に暮れるよねwww。一回開けたら素人では半年はかかる作業だしwww。開けるだけでも再利用できない部品があるから結構金がかかるし・・・あれが千円ちょっとの添加剤でどうにかなるとは、さすがに私でもお気楽には考えられないです。

私も年式の古いポンコツばかり乗ってるので、あんまり他人事とは思えないッスねwww。
いくらいじるのが好きとはいえ、エンジンを開ける回数が少なくなるのであれば、フューエルワンで保険はかけておきたいっていうのは本音になるッスからねwww。インジェクター、キャブレターは手を入れると結構調整が面倒な部品なので、そういう意味ではフューエルワンは使いどころがある洗浄剤って思ってますwww。

まあ私としては、エンジンの心配よりお前の酒の飲み方の方が心配だよwww。と、思わず言ってしまう無茶飲みでしたwww。

雪国でのフューエルワンの意外な使い方

雪国でのフューエルワンの意外な使い方

フューエルワンの意外な使い方で、これは知り合いの道産子ライダーに聞いた話。
雪に閉ざされちゃう北海道在住のライダーである彼は、冬の間バイクに全く乗れないでいるらしいのですが、その間、ガソリンタンクにフューエルワンを入れてガレージ保管しておくそうです。
水抜き剤、タンクの腐食剤、ガソリンの腐食剤という効果がトリプルであるので、ちょうどいいらしいですよwww。
ガソリンはなるべくなみなみ満タンで入れて、センタースタンドを立てて、フューエルワンを投入。
ちょっとゆすって気持ちだけでも混ぜとくって言ってましたwww。

これで春オートバイを走らせるとスタートが全然違うらしいですよ。
放置気味のトラクターや発電機器なんかにもホントはいけないらしいですが、長期間運転しない場合は同じような保管方法をしておくと、一発でエンジンがかかったり、出だしの調子が違ってたりするらしいです。

長期保管の場合、この方法は意外と使えるかもしれません。
まあ、都市部に住んでれば、普通そういうことはないかもしれませんがwww。

フューエルワンがイマイチならRECS(レックス)という手もある

ちょっと話はそれるけど、フューエルワンじゃ正直手におえないなぁっていう場合、新型車では少ないけど、無いわけじゃないです。

私はこの手の車種には乗ったことが無いので何とも言えないのですが、エンジンの構造上、直噴型エンジンとディーゼルエンジンの排気バルブの洗浄はフューエルワンでは無理でしょう。また、ハイオク指定の、カーボンやスズが溜まりやすい外国車種や、すでに相当年式が経ってしまっているマニアックな車体というのも中身真っ黒ってことが結構あります。また、エンジンを一度も高回転で回したことが無い街乗り専用大型車というのも、中真っ黒だったりするんですよねぇwww。この手のやつはフューエルワンだけでは結構きついwww

この手のカーボンが溜まりやすいエンジンというのは、フューエルワンよりも、同じワコーズのプレミアムパワーRECS(レックス)の方がいいかもしれません。


ワコーズ RECS 急速エンジンクリーニングシステム

プレミアムパワーはフューエルワンの洗浄力を強めたタイプ。RECSはインテークマニホールドから注入して洗浄するタイプ。
プレミアムパワーは、フューエルワンと使い方が同じなので、直噴エンジンやディーゼルエンジンでは行き届かない部分は同じです。そもそもフューエルワンは時間をかけて洗浄するタイプですが、RECSだと30分~50分の短時間施工で終了するし、インテークマニホールドから注入するのでフューエルワンより排気バルブ上部まで行き届きます。
短時間でごっそりカーボン除去したいという人には向いてますね。
ただし、フューエルワンよりは手間がかかりますよwww。

RECSは自分で施工できなくもないですが、クルマに詳しくないとできないし、専用の点滴みたいな器具も必要になるので、施工してくれる車屋を探してやってもらった方がいいかもしれないですwww。
私も一度やってもらったことがありますが、メチャ凄かった。

RECSはインマニ以降の排気ラインを化け物じみた洗浄力で汚れを剥がし落としてくれますが、インジェクターだけは洗浄することができません。逆にフューエルワンはインジェクター周りをかなりしっかり洗浄してガソリン噴出濃度を正常にしてくれます。
どっちに重点を置くかは、車の調子次第ってところでしょうかねwww。

もし、排気ライン以外のヘッド部分やオイル循環系の頑固な汚れを落としたいなら、ワコーズ QR クイックリフレッシュより、私はBARDAHL(バーダル) リング イーズがおすすめですかね。
コチラは燃料に入れるタイプじゃなくて、エンジンオイルに入れる添加剤。じっくり時間をかけてオイルラインを洗浄してくれます。これもいろいろ試したけど、結局このリングイーズが一番よかったので、一応。


BARDAHL(バーダル) リング イーズ オイル添加剤 容量:355ml RING-EEZE

フューエルワン まとめ

クルマに詳しくなくてもガソリンタンクに一本入れるだけというお手軽さで、燃費改善、エンジン好調が手に入るフューエルワン。 もちろんメンテをまめにやっている車はあまり恩恵を受けられないかもしれませんwww。

汚れが相当溜まっていた場合は、リングイーズやレックスの方が大幅な改善はあるかもしれませんが、吸排気系のノッキングや不調、特にインジェクションやキャブレターの燃料噴出部分については、結構手放しがたい性能を発揮すると感じてます。
もちろん汚れは溶解してエンジンオイルに流れてしまうので、オイル交換やオイルフィルターの交換も忘れずにwww。

特に細かいことが分かってなくても、車の調子が良くなるっていうのは気分がいいもんです。
何となくエンジンってカーボンが細かいところに溜まるもんなんだなぁって思ってる人であれば、たまには、こんな添加剤でちょっとメンテしてあげてもいいと思いますよwww。

どおよ? 一本いっとく?

 

ワコーズ F-1 フューエルワン


ワコーズ F-1 フューエルワン ガソリン(2サイクル・4サイクル)・ディーゼル兼用洗浄系燃料添加剤 200ml

 

PITWORK(ピットワーク) 燃料系洗浄剤 F-ZERO(エフゼロ) レッドキャップ


PITWORK(ピットワーク) 燃料系洗浄剤 F-ZERO(エフゼロ) レッドキャップ【ワコーズ製日産向けOEM商品】(ガソリン、ディーゼル共用燃料添加剤) 300ml

 

WAKO'S ワコーズ★「フューエルワン 【F-1】200ml×2本」+「プレミアムパワー【PMP】250ml×1本」


WAKO'S ワコーズ★「フューエルワン 【F-1】200ml×2本」+「プレミアムパワー【PMP】250ml×1本」★ 合計3本セット

 

ワコーズ RECS(レックス)


ワコーズ RECS 急速エンジンクリーニングシステム

 

BARDAHL(バーダル) リング イーズ オイル添加剤


BARDAHL(バーダル) リング イーズ オイル添加剤 容量:355ml RING-EEZE

 - 男の美学 ,