書籍・マンガ

筋肉バキバキ・徐脂肪トレ! 人気の筋トレベストセラー教本!! 最新12選

2018年10月19日

筋肉バキバキ・徐脂肪トレ! 人気の筋トレベストセラー教本!! 最新12選

話題のベストセラー筋トレ教本をまとめてみました、もちろん最新の本を中心にピックアップですwww。
今回はちょっと目線を替えて、ヘビートレーニーからエントリートレーニー、栄養学からダイエット、知識欲までいろんな角度からのアプローチに挑戦してみました。さすがにちょっとごちゃごちゃしてしまってますが、ざっくり筋トレと言っても、ホントにいろんな見方や考え方があるんだなぁっていうことで、あなたも何か開眼するかもしれないですよwww。
相変わらず女性向けのダイエットモノや骨盤矯正っていうのは除外してます。これを入れると上位がこれだけでひしめき合ってしまうので、今回も筋トレベースのベストセラー中心です。みんな買ってる人気の教本なので、ベテランだったとしても、何か新しいヒントになったり、モチベアップになったりするかもしれないですよ。私もチェックは細かく入れてますwww。

 

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

ポール・ウエイド (著), 山田 雅久 (翻訳)

鬼のプリズントレーニング、やっぱり相当売れてるので再度紹介しておきます。グラップラー刃牙のビスケット・オリバが表紙のなかなか挑戦的な自重トレーニング本です。英語版は第3弾まで出てたかな? 囚人トレーニングというだけあって、著者は本物の囚人です。ライトトレーニングから始まってステップアップしていく方式なので、始めやすいがかなりハードな自重トレへと移行していくので複合的な筋トレになります。ただ、難易度MAXのステップ10とかになると、人間業ではできないようなのも入ってくるので、この辺はギャグと取るかマジと取るかはあなた次第?

 

プリズナートレーニング 超絶!! グリップ&関節編 永遠の強さを手に入れる最凶の自重筋トレ

プリズナートレーニング 超絶!! グリップ&関節編 永遠の強さを手に入れる最凶の自重筋トレ

ポール・ウエイド (著), 山田 雅久 (翻訳)

プリズントレーニング第二弾! でるべくして出たって感じですよね。多分今後第三弾が出ると思うけど、まあ、それは置いといてwww。今回は手首・腕・首・ふくらはぎ、そして関節に焦点を当てた続編です。相変わらずハードな内容が並んでますが、ぜひ挑戦してみたいものが盛りだくさん。難易度マックスはやはり人間業じゃない領域に突入していきますwww。自重のみで関節ストレッチは目からうろこの内容です。できなくたって、こんなのもあるんだぁってちょっと感心します、是非一読をお勧めしますよ。

 

超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

Testosterone (著), 久保孝史 (著), 福島モンタ (著)

ご存知テストステロンのモチベーション本です。なぜ、どうして筋トレをするのか? という筋トレのモチベーションに科学的な根拠を示している最強本です。正直、基本的には前作のベストセラー「筋トレが最強のソリューションである」とそんなにすごく変わっているの? と言われると疑問はありますが、筋肉バカの発言がメチャ面白いし、専門用語がほとんどないから読みやすい。モチベを上げたいって時には必須本ですわwww。

 

マッスル北村 伝説のバルクアップトレーニング 2012年 10月号 [雑誌]

マッスル北村 伝説のバルクアップトレーニング 2012年 10月号 [雑誌]

伝説のボディビルダーマッスル北村の復刻本です。現在は増刷されていないので貴重な本になりつつありますね。また絶版の「ボクの履歴書」より抜粋した記事も掲載されているのでマニア垂涎の本でもあります。トレーニングメニューを見るとかなりヘビーなことをやっているうえにセット数が多い。マジで理屈云々を抜きにして、努力であの体は作られたんだということがよく分かると思います。本当に太く短く生きた人ですが、アツい思いが込められていて、辛い時に元気が出るカンフル剤のような珠玉の一冊です。

 

40代からのシックスパック

40代からのシックスパック

岡田隆 (著)

ホンマでっか!?TVでおなじみのバズーカ岡田の本です。テレビではふざけた筋肉バカキャラですが、ちゃんとした日本体育大学准教授ですからねwww。この人は、多分一冊で全身を網羅することは書けないと考えているんでしょうね。過去の著書もパーツに分けた一点集中型の本を毎回出してます。このままいくと、そのうちぐるっと一周全身を網羅するのが目標なのかな? 今回は腹筋、本のタイトル通り、筋トレと食事制限でシックスパックを目指すっていう内容です。自重トレと糖質制限レシピを合わせたような本って思えばいいとおもいます。痩せにくいおじさんでもシックスパックになれるんだから、若い人が挑戦するともっと腹筋を浮き出させやすいんじゃないのかな?

 

自重筋トレ 100の基本[雑誌] エイムックシリーズ

自重筋トレ 100の基本[雑誌] エイムックシリーズ

ムック編集部 (編集), 比嘉 一雄 (監修)

実は結構前に出たムック本なんですが、人気が落ちず淡々と売れ続けている自重筋トレ本です。以前紹介もしてるのですが、あまりの人気に再度紹介しておきます。自分のレベルに合わせた筋トレ方法が選べるし、基本となる体の部位ごとのトレーニング方法も紹介されてます。もちろん自重なので道具は必要ありませんしね。これから筋トレを始めようって人、自重ベースの人には最適な一冊ですね。

 

筋肉の使い方・鍛え方パーフェクト事典

筋肉の使い方・鍛え方パーフェクト事典

荒川 裕志 (著), 石井 直方 (監修)

筋トレをやっているなら、こういった解剖学的な本は一冊はもっておいた方がいいと思います。筋トレ界の家庭の医学的なポジションなんですかね。困ったときに開くもよし、筋トレ本を部位ごとに何冊も参照するようなことがあるんだったらこの一冊で解剖学的に理解するっていうのもありです。初心者やエントリーレベルであるのは確かですが、体の筋肉の動きを正しく知るってことはとっても大切。とにかく筋トレ家庭に一冊、あって便利、損はない本ですねwww。

 

60(カンレキ)すぎたら本気で筋トレ!

60(カンレキ)すぎたら本気で筋トレ!

船瀬 俊介 (著), 福島 モンタ (著)

60過ぎたらと書いてありますが、実際は40過ぎたら筋トレやれや! 60からでも遅くない! という本www。くそジジイにならないためのメソッド本ですね。トレーニーにとっては何をいまさら、ということが多いかもしれませんが、意外と運動不足や出てきた腹を気にしだしてトレーニングを始めるのは、少し時間的余裕が出てきた40代からという人、すごく多いです。この本にはおっさんになってからの筋トレがいかに重要で体に良いかということと、「貯金」より「貯筋」ということがどれだけ健康資産になるかということが書かれています。ジジイで逆三角形、ちょっと憧れますよねwww。

 

スポーツ栄養学: 科学の基礎から「なぜ?」にこたえる

スポーツ栄養学: 科学の基礎から「なぜ?」にこたえる

寺田 新 (著)

スポーツ栄養学やダイエット栄養学についてのテクニカルな教本って大量に販売されてるけど、その根本的な理論をきちんと専門家が素人の私たちにわかりやすく解説している本って、意外となかったりするんですよね。この本はそういう意味では基本がきちんとわかる本です。いろんな食事法やダイエット法が今後も出てくると思いますが、それがなぜ、どうしていいのか、自分のトレーニングに合うのか、などが判断つくようになってくると思います。ホント、探すと無いのよ、こういう本www。

 

AYAごはん 美筋をつくる最後のひと押し!

AYAごはん 美筋をつくる最後のひと押し!

AYA (著)

クロスフィットトレーナーAYAの初のレシピ本です。いやぁ、テレビでAYAのストイックな食事特集とかを見てたので、やべぇんじゃないか? あの殺人的な食事が載ってるだけだったらポイしようと思ってたんですが、OK! 全然大丈夫www。高たんぱく低脂肪、低糖質はばっちり抑えてて、意外と手の込んだものは少なくてシンプルなレシピが多いです。女性向けになってますが、ガッツリ系もしっかり入ってて、料理がちょっと苦手て忙しい男性の方がためになるかもしれないですよwww。

 

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

デイヴィッド・S・キダー (著), ノア・D・オッペンハイム (著), 小林朋則 (翻訳)

「体ばっかり鍛えてないで勉強しろ!」と理不尽に上司から私だけ怒られたことから、頭にきていろいろ経済理論やらマーケティングの本を読み漁っていた時に出会った本です。どうも筋肉を鍛えているとバカに見られることが多いというか、筋肉のせいにされるっていうか、どのみち頭の弱さをイジられることがあるので、ここはひとつ、筋肉だけでなく頭脳も鍛えてしまいましょうよwww。1日1ページで読み進められるし、浅く広く知識が広がっていく感じが面白い。広がった知識の中から知的好奇心の扉を開き、より深く知っていくきっかけにもなるかもしれません。筋トレをやってる人ってマニアというかオタク気質が強い人が多いから、ドはまりするかもしれないですよwww。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全

樺沢紫苑 (著)

この本は基本的にはビジネス書とか自己啓発本に入ると思いますが、論理的に筋トレを重ねている人であれば、ぜひ読んでもらいたい本です。全然ジャンル違いじゃん! と思うかもしれないですが、この本に書いてあることはほとんど筋トレによって生み出される効果に変換できるから不思議です。上のテストステロンの本でやる気になってるんだったら、これは実践編といったところですね。全く筋トレとは関係ない本ではあるのですが、変換していくと、筋トレとの共通点がメチャメチャあるですよwww。筋トレの効果技術をビジネスでアウトプットに役立てる、こんなことができるかもしれないですよwww。

 

筋トレスタートは夏場が狙い目!!

筋トレ知識

2021/6/23

筋トレスタートは夏場が狙い目!

  スポーツの秋といいますが、気温の下がった秋にスポーツを始めても、そのスポーツを冬まで続けているという人をほとんど見たことがありません。 原因の一つは、初心者は熱中症に代表される体内温度のコントロールができないことです。 スポーツをしたことがない人がいきなり運動をしても、体内温度をうまく外に逃がすことができなくて、苦しい、つらい、だけが残ってさっさとやめてしまうことが多いんです。   スポーツ、筋トレをスタートアップさせるには、夏場が一番いいと思ってます。 「おいおい、夏場になんか始 ...

ReadMore

日本人はたんぱく質が足りてない?

プロテイン 筋トレ知識

2021/7/1

日本人はたんぱく質が足りてない?

  日本人はたんぱく質が足りてない? 自覚はないけど、ホント? 最近は意識高い系の人が増えてきたからそんなことないんじゃないの?って思ってたんですが、まだまだ完全にマイノリティー、ごく少数派で、一般的には全然浸透してないみたいですよww。 今回はトレーニーだと意識しまくりですが、一般的にはまだまだこんな認識ってところで、このギャップを解説していきたいと思います。 文化圏の違いとは面白いもので、健康のために栄養素をどんどん足していく足し算文化と、減らしていく引き算文化の2種類が存在します。 欧米は ...

ReadMore

プロテインを飲むんだったら、フレーバータイプ? プレーンタイプ?

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/25

プロテインを飲むんだったら、フレーバータイプ? プレーンタイプ?

  プロテインは実にいろんな種類があります。正直初心者だったら何を選んだらいいのかわかんないぐらいですよねww。 選ぶときの基準も様々、精製方法だったり、原料だったり・・・まあ、基本的には機能・性能で選ぶでしょうね。体質の問題やアレルギーなどで選択肢を変える人だっています。 そこで、ちょっと趣向を変えて、味での選択というところに目を向けてみましょう。 まず、味、フレーバー最優先! って人、まずいないでしょう? いたらよっぽどの変わり者ですよ。 普通はホエイかソイか、ホエイだったらWPIかWPCか ...

ReadMore

アミノ酸スコア100ってなに? プロテインスコア? プロテインを選ぶ時に知っておくべきこと

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/23

アミノ酸スコア100ってなに? プロテインスコア? プロテインを選ぶ時に知っておくべきこと

  プロテイン表示に書かれている中に、アミノ酸スコア100というのがありますよね。 「ふぅ~ん、そうなんだ」ぐらいで、最初の頃あんまり深く考えていなかっんだけど、そもそもアミノ酸スコアってなんだ? という基本的な疑問、ありません? プロテインを選ぶとき個人的な見方として、必要なポイントは大きく分けて、 「使用目的の原材料」 「たんぱく質分離の製法」 「たんぱく質の含有量」 「たんぱく質のクオリティ」 「追加栄養素ブレンドの内容」 この5つがあると思ってます。 どこをポイントにするかによって、個人 ...

ReadMore

プロテインを牛乳で溶かして飲まない理由

プロテイン 筋トレ知識

2021/5/22

プロテインを牛乳で溶かして飲まない理由

  私はプロテインを飲むとき、水で溶かして飲みます。 他の人に聞いてみると、かなりの割合で牛乳にプロテインを溶かして飲んでいるという答えが返ってきますよね。 ジムで飲む場合などは牛乳が保管ができないのでミネラルウォーターという場合が多いみたいだけど、自宅トレや自宅で飲む場合は牛乳+プロテインというケースが多いようですよ。 私はぶっちゃけいろいろメリット・デメリットがあって、水オンリー、浄水器を通した水で飲んでます。使い分けた方がいいらしいけど、めんどくさいので水でいいですわww。 そもそもホエイ ...

ReadMore

-書籍・マンガ
-, ,

© 2021 腹筋は男の美学