腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。肉体改造とダイエットで健康でカッコいいモテる男になる!

筋トレの効果が出るまでの期間はどれくらい?

      2017/04/08

筋トレの効果が出るまでの期間はどれくらい?

筋トレすればすぐ効果が出るんだろうか?
どのぐらいで筋肉がつくんだろう?
腹筋はどのくらい浮き出でくるんだ?

筋トレを始めてしばらくは、こう筋肉をつけたいとかああなりたいとか、鍛えるのそっちのけで皮算用にいそしんでました。

でも実際はそうはいきません。特に30すぎたおじさんの筋トレは、一般的な理論立てた理屈なんて通用しません。体が頑固で個性的になっていくんです。
あっ!!今、俺には関係ぇねえやって読み飛ばそうとしたあなた、若さなんて期間限定! いつか必ずあなたも通る道だと、心しておいてください。

とまあ、理屈通りいかないおっさんのグチは置いといて、一般的な筋トレ効果が出る期間や筋肉量、それに相反するおじさんの筋トレ効果を自分の経験を元に、赤裸々に公開しちゃいます。

きっと事前情報を頭に叩き込んで筋トレして、私と同じような状態になってしまって、首をかしげているおじさん仲間や、いつかおじさんになる若者のためにも、何かヒントになればいいかなぁ~、と思って書いておきます。

もっと平均的な学術としての筋トレの効果が出るまでの期間を知りたければ、他に詳しく説明しているサイトがあるので、そちらを読むことをおすすめします。

 

通常は筋トレスタートから3カ月ぐらいで効果が出る

まったく運動をしていない人が筋トレを始めたとして、通常3カ月ぐらいで体つきの変化が出てきます。
筋肉がついてきたかな? 体に張りが出てきたかな? というのがこの頃です。

明らかに筋肉量が増えて体形が変わってきた、変化してきたと感じられるのは半年~1年ぐらい。

半年から1年のこの時期に下地として大幅に筋肉がつく人も多いので、筋トレを始めてから最初の半年間というのが一番重要と言われています。
大体1年目終わりぐらいから2年目いっぱいぐらいにかけて、筋肉の停滞期が来ますので、最初の半年間に出来るだけ下地を作っておくのはとても重要になってくるわけです。

もちろん個人差や体質、運動量や負荷の重さ、摂取栄養量によってかなりばらつきや筋肉がつくつかないということが起こります。それなりの運動量やメソッドあっての経過です。

ただしこれは10代、20代の人が主体の考え方だと思います。
30代、そもすれば40代50代、もっと上になるとかなりこの理屈は通用しなくなってくると感じてます。
その内容については追々。

 

筋トレで筋肉がつく量の目安

筋トレによってつく筋肉の量というのは、かなり個人差があります。
プロテインやサプリの摂取や筋トレ負荷でも変わってきます。
しかもこの筋肉のつく量の研究というのは、偉い学者さんが様々なアプローチと臨床実験から、ものすごい数の理論と法則が発表されてます。どれが正しくてどれが間違っているかなんて、私の口から言えるレベルの話じゃありません。

これらの理論等と私の経験値からだけの私見ですが、周りを見回しての感覚としてはこんな感じです。
筋トレ一年目、つく筋肉量は8kg~10kgぐらい。
二年目は、一年目の半分ぐらいで、4kg~5kgぐらい。
三年目は、二年目の半分ぐらいで、2kg~3kgぐらい。
四年目以降は、1kg~3kgの筋肉増量or筋肉維持。

もちろん個人差はものすごくあります。
筋肉って、ちょっとやそっとでつくもんじゃないというのが良くわかります。
最低5年はやんないと筋トレ一年生になれないような気すらしてます。

おっさんは、残念ながらこんなにつきません。
贅肉だってこびりついててちょっとやそっとでは落ちてくれないのが現実です。
やだねぇ~。

 

30才過ぎたおじさんは、そうは素直に事は進まないぞ

さて、上記のこれらのことは、やはり20代をベースに考えられているとしか思えません。実際おっさんの私はこんなにスムーズに事が進んだことがありませんから。

最初まったく筋肉がつかないということが続いたり、体の連携がとりずらかったりしていた私の感想ですが、「なんだかうまく繋がっていない」というのが素直な感想です。

私はこの繋がっている感覚を「筋肉のバイパスが通る」と言ってます。
理屈は全くわかりません。そもそも理屈にすらなっていないのかもしれません。
感覚的な解釈です。

運動していなかった筋肉を動かしても、脳の信号が正確に判断してない、神経や血管、骨や骨格に正確に届いていなくてちぐはぐな状態、筋肉がつかないくせに筋肉痛になる感じです。それが、繰り返し体が学習してくると、いろんな下準備が整って、脳のイメージと体の動きが一致する瞬間、突然できるようになったり、筋肉がつくようになったりします。この時「あ! バイパスがつながった!」と言ってます。

この感覚、理解してもらえるのかなぁ?

例えばサッカーを練習していて、全然バランスが悪かったり、動けなかったりしたのが、ある日突然、ポンッと出来るようになってステージが1つ突然上がる感じ。こんな感覚を味わったことがないですか?
スポーツだけじゃなく、楽器だとか美術だとか技術だとか、勉強だってそうです。バラバラだったのがポンと突然繋がって一気にレベルアップする感じ、あれです。
脳科学的にはなんか言い方があったと思いますが、まあいいや。

これが、若い時はあっさりというか、軽く繋がって意識する暇もなくさっさと次のステージへ移行してしまうんですが、おじさんになると、この「バイパスが通る」「繋がる」というのにものすごく時間がかかるようになります。

若い時はオートマ車のようにウイーンと気持ち良く加速していってくれるんですが、おじさんになるとマニュアル車。一速一速引っ張ってギアチェンジしなくちゃいけない感じになってきます。それはそれで運転は面白いんですが、それを楽しめる余裕があるかどうかですね。

さてここからは、私の体験談からの、実際のおじさん筋トレの経過を話しておきます。
ポンコツおやじの筋トレなので、ま~ぁ、他のサイトで言われているような効果の出る期間とガッツリ食い違ってます。

同じおじさんと、これからおじさんになっていく若人へ、鍛えてるのにどうして? と思っている人であれば何かの参考になれば。

 

筋トレスタート~10カ月前後

まず最初に、元々私は水泳部でした。全然速くなかったので、ポンコツ水泳部員で終わりました。水泳をやめてから今まで、ランニングは続けています。受験勉強の頃から20代半ばまでは週一ペース。いわゆる走るより弾んだ方が早んいじゃね? というぽっちゃりランナー、あれ、私でしたwww。
まず、ベースの私の体というのを理解しておいてください。

さて、筋トレを本格的に始めたのですが、全く筋肉がつかない。
とにかく体がきついだけで過労感しかありませんでした。

3カ月ぐらいで筋肉感を感じられるという事前情報は入っていたので、この筋肉スカスカな感じが埋まるのかな、いつ埋まるのかな、と思ってたのですが、嫌になるほどまったくビクともしないこの強情な体。

実は最初の頃スポーツジムに通って筋トレしてました。なのに半年経っても全く変化がなく無駄金使わせやがってとイライラしてたところに、加圧トレーニング(プライベートレッスン別途費用)をやたらすすめてきたので辞めてしまいました。その後はせっかく今まで筋トレしてきてもったいないという、おっさんのあさましさをパワーに自宅トレーニングに切り替え。それでも何の変化もなし。

正直泣きたくなるほど辛かったです。だっていくら頑張っても成果が出ないんだもの。
せいぜい変わったのは、痩せたことぐらい。
さすがにあれだけ動けば痩せるわな。

で、筋トレ始めて10カ月後「あれ? 今バイパスが通った」という感触があって、そこから急激に変わることになります。

筋トレ10カ月~2年半前後

多分この時期が、人生で一番筋肉がついた時期だと思います。おまけに贅肉もいっぱいついた時期でもありました。
人生初のバンプアップというものこの頃体感してます。

とにかくガンガン筋肉がついて今までが嘘のようでした。もちろん停滞期というのがあったと思うのですが、その前の10カ月間全く微動だにしなかったことを考えれば、微々たるものという感覚です。バイパスが通っているという感覚はすでに日常的になっていたので、あまり意識しなくなってました。荷重もどんどん重くしていってましたし、荷重で自宅トレでは扱えない重さの時は、市営の公共トレーニング施設(1回200円)に通ってスクワットやデッドリフトをやる熱の入れようです。

ただ、もし今辞めてしまうと、また一から無反応の時間を一年間過ごすことになるのを繰り替えすんじゃないかと、辞めるに辞められなくなっていたという部分もありましたね。

とにかく今のうちに肉をつけようと燃えてました。

筋トレ2年半~4年前後

この頃になってくると、筋トレ熱もだいぶ落ち着いてきて、まあまあ筋肉がついてるおっさん的な立ち位置になってきました。
ここからは、あまりハードトレーニングはしなくなってました。仕事に差し支えるほどの筋肉痛や疲労は、さすがにヤバいと気がつきだしたんですね(オイオイ!)。

なぜか筋肉と一緒にたっぷり付いてしまった贅肉が、この頃、風船がゆっくり萎むようにしゅるしゅるっと落ち始めました。 基礎代謝が上がった上で食の好みが変わってきたというのもあるのかもしれませんが、程よく贅肉が落ちて、二回り体が小さくなり、細かい筋肉が浮き出すようになりました。
贅肉が落ちて気がついたのが、骨格がちょっと変わっていたことです。この年になって骨の成長はないと思っていたのですが、肩や肋骨周りの骨の長さや形が少し変わっていたのにはびっくり。
反面、筋肉はあまりつかなくなったような気がします。

筋トレ4年~現在

現在はほとんど筋肉をつけるという感じではなく、現状維持と筋肉のリメイクといった感じです。
べつにヘビー級のボディービルダーを目指しているわけではなく、大型バイクを持ち上げたり扱うのがラクとか、ダイエットで基礎代謝を上げたいとか、その程度の目的だったので、今の少しぽっちゃりミドル級ぐらいで充分。

恐らく、ここからさらにガッツリ体をぶっとくしていく人は、大変なんだと思いますよ。なにしろ、かなりトレーニングしてもほとんど筋肉はつかなくなってきますので。
しかもちょっとサボるとお腹に肉が! というおじさん特有の「栄養もったいないおばけ」が贅肉を溜めこむ溜めこむ。
せっかくある程度絞れてきたのに非常に厄介です。

やばい、そんなこと言ってる間にちょっとお腹がぽよよ~んて!!

 

おじさん筋トレで気がついたこと。

おじさんで筋トレやっている人って、やっぱりどこか気持ちが若いんだよね。
どこかでこれぐらい出来るはずとか、このぐらいのウエイトは昔こなせたはずって、無理しちゃうんですよ。気持ちの中では20代後半ぐらい。ここから体の動きを発想してしまうので、無理する人が多いです。しかもある程度筋トレができるようになってくると、筋力がついてウエイトをこなせてしまったりするので始末におえません。
下手すると鍛えている今の方が体力や筋力はあるかもしれませんが、やっぱり歳は取って劣化しています。

とにかく柔軟やクールダウンは入念にやっておいた方がいいです。
あと、持病がある人なんかが、この歳になってくると出てきますので、よく理解して行った方がいいですね。特に高血圧の人は要注意。

回復力も10代20代に比べて格段に落ちてきてますので、グルタミンなどの修復系サプリはあえて積極的に摂取するようにしています。自分で思っている以上にポンコツです。

あと、気がついたのはプロテイン。
おじさんは多分、プロテインの吸収って悪くなってきていると思います。あくまで個人的な経験値からなのですが、周りを見ていてもそんな感じを受けますね。
おじさんになったら、たんぱく質含有量の多いタイプの物、できれば吸収効率の高いWPIやCFMなどのプロテイン、高たんぱく低脂肪タイプのソイプロテインなどを取った方が良さそうです。味は本当はプレーンタイプがいいけど、そうでなければ味が濃くないのがいいかな。このプロテインの吸収率、証拠はないんですが、ひしひしと感じています。
おじさんはすぐ体に異変が出てきますので、不純物の多いタイプの安物プロテインもおすすめしません。

どうかな、あんまり参考にはならなかったかな?
そもそももっと学術的に説明しているサイトもあるのに、こんなにセキララに個人的な経過を書いて大丈夫なのか?

まあ、個人差がものすごく出てくるようになるのもおじさんの特徴です、個性だと思って諦めてください。
歳取ると個性的になるもんです、そう大人の余裕を持ってトレーニングにいそしんでください!!

 

グリコ パワープロダクション アミノ酸プロスペック グルタミンパウダー 回復系アミノ酸 200g

関連記事 : グルタミンの効果、飲み方、本当に筋肉痛に効くのか!!

line

バルクスポーツ グルタミン 500g

line

DNS グルタミン

line

ゴールドジム ホエイプロテイン プレーン 2kg

line

Kentai 100%CFMホエイプロテイン マッスルビルディングタイプ 1kg徳用

関連記事 : Kentai 100%CFMホエイプロテインを飲み比べ&評価

line

ビーレジェンドWPI -beLEGEND WPI- 地中海レモン風味 [1Kg]

line

グリコ パワープロダクション ホエイプロテイン WPI プレーン味 1kg

line

ボディウイング 大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすい大豆プロテイン

関連記事 : Body Wing(ボディウイング) 無添加 飲みやすい大豆プロテインを飲み比べ&評価

line

Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 1.2kg

関連記事 : kentaiソイプロテインシリーズ パワープロテインプロフェッショナル、デリシャスタイプを飲み比べ&評価

line

 - 筋トレ・筋肉トレーニング