腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。肉体改造とダイエットで健康でカッコいいモテる男になる!

おじさんこそ歯が命!! 電動歯ブラシのBRAUN(ブラウン) オーラルBで歯医者いらず

      2017/04/21

おじさんこそ歯が命!! 電動歯ブラシのBRAUN(ブラウン) オーラルBで歯医者いらず

サイトのどこかのページで確か書いてると思うのですが、実は私、歯医者にはここ15~16年の間に1回しか行ってないです。
その一回も、結局歯石取りしておしまいだったので、特別何か治療したというわけでもないんですよね。
「歯が丈夫でいいねぇ~」って、そうじゃないんだって、見りゃ分かるけど以前は歯が悪くてボロボロだったんだって!

歯を磨かなくても虫歯にならないという、虫歯菌を持ってない人というのがたまにいるけど、そういう人じゃ全然ないんです。
おっさんになってくれば、今度は歯槽膿漏がヤバくなってきて、歯を磨かないでいると歯が抜けるっていうじゃない? あぁ~っ怖い怖い。

おっさんになってくると、目と歯は真っ先に弱ってくる部分です。
なぜかおっさんは息が臭くて歯が黄色いというイメージがありますよね。
逆にそうじゃないだけで好感度が上がるポイントでもあったりします。
一生ものだし、インプラントだなんだと金をかければ、高級セダンが口の中に入っちゃうぐらいのお金がかかったりしますからね。ぜひオーラルケアは万全にしておきたいですよね。

 

ブームで何となく電動歯ブラシのBRAUN(ブラウン) オーラルBを使い始めたのが理由

歯医者いらず。何で? って思うでしょう?
私も人に言われるまで全然意識してなかったので、気がつかないままここまできてしまいました。

10年ぐらい全く歯医者に行ってないことに気がついて、慌てて検診の予約。しかし、何の問題もなく、歯石だけ取っておしまいということになってしまったわけですわ。
すごいよ、10年行ってないと本当に歯医者で浦島太郎状態になるよ。診察券は完全に変わってしまっていて受付のお姉さんと一悶着あったし、歯科衛生士のお姉さんにはカルテを見比べながら珍しがられるし。もっと驚いたのは、歯医者がすっかり変わってしまっていて、一人ひとり個室になってるし、IT化されててモニターとかいろんなものがあちこちにあって、未来のコックピットみたいになってるのにビックリ。たまには来てみるもんだなぁと、関心です。

よくよく考えてみると、歯医者に行かなくなった頃に始めたことって、電動歯ブラシを使い始めたことぐらい。
おそらくこの電動歯ブラシが要因なんじゃないかと思ってます。

私が電動歯ブラシを使い始めたのは、ちょうど第3次電動歯ブラシブームの頃で、各社かなり性能が上がってきて、キワモノが姿を消し、今の電動歯ブラシ機能のベースが確立した時期からです。
もう、私こういう流行物にすぐ乗っかっちゃうんですよねぇ~。性分だからしょうがないっス。
小っちゃくて精密なものがグイグイ動くものを見てしまうと、たまんなくなって、すぐ買っちゃいました。

確かその頃、メジャーメーカー4社ぐらいから電動歯ブラシがシリーズ化し販売してたと思います。
ちなみに私、その4つのメーカー全て買って比べて、BRAUN(ブラウン) オーラルBを選んだ記憶があります。頼まれもしないのに、今も昔もやってることは同じですよね。どうも最初の初期投資でいろいろ買って使い比べるというのはクセのようなものみたいです。

その時買ったBRAUN(ブラウン) オーラルBは、確か1万円ぐらいの電動歯ブラシで、ランクは一番高いのから2番目。もう当の昔にカタログから姿を消して久しいですが、12年ちょっと壊れず使えてました。さすがにバッテリーがダメになってご臨終。分解して魔改造すればまだいけるか? とも思ったのですが、さすがにもういい加減捨ててやれと、断念。まさか10年以上もつとは思ってなかったですね。元は取れすぎるぐらい取れているので良しとしましょう。
っていうか、こんなに使えて、商売になるの? ブラウンさん。

 

使い比べて、BRAUN(ブラウン) オーラルBを選んだワケ。

その当時からそうだったんですが、電動歯ブラシって、大きく分けると2種類に分かれてます。

  • 音波振動タイプ
  • ブラシ稼働タイプ

音波振動タイプは、普通の歯ブラシと同じ形のヘッドが多く、細かく歯ブラシ部分がブラシストローク微振動して、歯垢を取り除くという仕組み。人間の手では絶対実現できない動きで、毛先の細いタイプを使えば歯周ポケット、歯間などの細かいすき間までしっかり届き、しかもイオン効果とかいう作用も付いてるものもあって、歯をつるつるにしてくれる優れもの。
フィリップスとかパナソニックとかの電動歯ブラシがそうですね。

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション

 

ブラシ稼働タイプは、歯ブラシ部分が縦や横、円形などの方向にストロークが大きく、ぐりぐり動くタイプで、人間の歯磨きの動きを超高速にしたものというイメージです。昔ながらの電動歯ブラシの動きの進化版という感じでしょうか。
歯ブラシでガシガシ歯垢を取っているという感じがはっきりわかりやすいし、思っている以上にきれいにピカピカにしてくれます。
まさにこのタイプの電動歯ブラシの最先端をやっているのがブラウンです。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラチナブラック 7000

 

最近の最新上位機種になってくると、それぞれの長所をさりげなく取り入れて自分のものにしてることもよく見るとあったりしますね。そのうちだんだん違いがなくなっていくような気もするなぁ。

さて、私がこの中からBRAUN(ブラウン) オーラルBを選んだ理由ですが、この磨いたぞぉ! というガシガシ感です。
もう、完全に個人的な好みです。
この好みって長く使っていくうえでとっても大事なんですよ。

最近の電動歯ブラシはどれを選んでも、歯をきれいにすることに関してはそんなに差はないと思います。
そのぐらい優秀です。
ただ、音波振動タイプの電動歯ブラシは、ソフトな洗浄感覚で、初めてこの電動歯ブラシを使った時、私、ちゃんと磨けているのかちょっと不安になってしまいました。結局一カ所に当て続けてないといけないのに普通の歯ブラシ感覚で一緒にガシガシ磨いてしまって、ブラシのヘッド部分の消耗が激しそうだなぁ、と思ってしまったんですよね。
本当はちゃんと磨けていて、歯はつるんつるんになってました。

それに対してBRAUN(ブラウン) オーラルBは丸形ヘッドという普通の歯ブラシとは違う形をしていて、なんじゃこりゃ? ずいぶん原始的な電動歯ブラシだなぁ、と思ったんですが、まるでデッキブラシでガシゴシ歯をこすって磨いてるみたいで、磨いた感はダントツ! うほほ~ぃ♪ってなもんで気に入ってしまったんですよね。
もちろん歯はピカピカです。
イメージとしてはコンビニなんかで床掃除してるポリッシャー(床を磨いてる機械)の超小型版を口の中に入れてる感じ。
とにかく歯を磨いているという刺激がほしい人にはベストマッチだと思いますよ。

ただ、このゴシゴシ感のせいで、初めて使う人や歯茎が弱い人は、慣れるまでちょっと歯茎が痛いかもしれないですね。歯茎マッサージが相当されていると思ってあきらめてください。逆に慣れちゃうと、これじゃないとダメってぐらいクセになっちゃうんですけどね。

音波振動タイプは歯茎が弱い人や歯周ポケットを中心にソフトに歯を磨きたい人に向いていると思います。
ヘッドの選び方でハードにもソフトにも使い分けられるので意外と好みに合わせやすいです。稼働ストロークはメーカーによっていろいろこだわりやストロークパターンがあるので好みのものを探してみてください。

ブラシ稼働タイプは、私のようなアナログタイプの人に向いてるかな。とにかくリアルなゴシゴシ感があった方がいい人におすすめです。慣れてしまうと音波振動では物足りなくなってしまうのが不思議。手磨きの歯ブラシの磨き感覚が残っているタイプなので、意外と初めての人にもお勧めできると思ってます。

正直、どれを選ぶかは、本当に好みです。
どう解説しても、どんなに説得しても、ぶっちゃけ口の中に入れて試してみないと自分の好みも分かんないというジレンマがあるのも確かなので。

こんな理由もあって、グイグイおすすめ機種を紹介するのに躊躇があるんですよね。
電動歯ブラシが分かればわかるほど「これ!」っていう選択がしにくいんですわ。
ごり押しはしたくないのであえてしませんが、私が勧めるのは、やっぱりBRAUN(ブラウン) オーラルBです。
BRAUN(ブラウン) オーラルBは自分が実際長年使ってるというのもありますが、確実に歯垢や歯の汚れをばっちり取ってくれるのが非常にわかりやすいというポイントがいいんですよね。
相性も良かったんでしょうね、歯医者に行かなくなった私が証明ですよwww。

 

BRAUN(ブラウン) オーラルB、値段の違いはどうなの?

BRAUN(ブラウン) オーラルB、値段の違いはどうなの?

ここでひとつ、疑問が生まれました。

初代のBRAUN(ブラウン) オーラルBが動かなくなったので、また同じ1万円ぐらいのものを購入しようと思ったんですが、「待てよ、高いやつでも安いやつでもヘッドブラシは共通だよな・・・」
考えてみれば、ブラシ部分が同じだったらもしかして、高いの買わなくてもいいんじゃね?
素朴な疑問です。

本格的に購入する前にチェックです。

まず私の最低ラインと好みとしては、充電式であること、電池式はダメです。あと、なるべくシンプルであることぐらいです。いろんなモードやプログラムがあったとしても、結局一番簡単な一つのモードしか使わなくなってしまうから。いろんな機能盛りだくさんよりシンプルな方が私は使いやすい。

さて、比べてみたのは3000円ぐらいでドラッグストアでも普通に手に入る「すみずみクリーン」と上位機種で私が狙っている1万円ぐらいの「PROシリーズ」。いきなり1万円払っちゃうのは痛いので、私が勧めて使い始めた友人から借りて、試してみました。もちろんブラシ部分は新しいのと交換してますwww。

ここまでで、時間軸おかしくね? と思ってるでしょ? 一応整理しておきますね。

12年ぐらいで初代の歯ブラシが完全に壊れる。
 ↓
新しいのを買う前に検証。
 ↓
せっかく買った「すみずみクリーン」がもったいないので3年ぐらいそのまま使う。
 ↓
1年前にPROに買い替え。

実際にはこんな流れで今に至ってるんです。
実はこのサイトを始めるずいぶん前に検証を自主的にやってました。
電動歯ブラシを勝手に周りに布教してたんですが、自分が検証した感想って、今まで誰にも公開してなかったので、この際、電動歯ブラシ布教活動と一緒に公開です。

さて、「すみずみクリーン」と「PROシリーズ」の比較です。

まず「すみずみクリーン」。

防水タイプの非接触型充電器はブラウン共通です。この辺はコンパクトで〇。
モードは1種類のみで、スイッチのオンオフのみです。
12年の時間の流れはすげぇなあ・・・ほとんど初代と違いがないです。
初代はモードが3種類あって、もっと小さくて軽かったですが、「すみずみクリーン」は私がいつも使っていたモードとほとんどおんなじ。12年前の最新上位機種が、現在は汎用機種同等といった感じです。
初代で慣れていた感覚とおんなじだったので「もう、これでいいじゃん!」て、正直思いました。
気になったのはやっぱり振動と音、結構やかましい。安くしてる分、モーターはやっぱりそれなりなのかなぁって感じです。歯に伝わってくる振動が雑な感じですね。握りの部分がちょっと太くてこれも使いにくいかなぁ・・・もしかしたら子供が使うことも想定してて、子供でも握りやすいようにしてるのかな?

次は「PROシリーズ」。

これはもう、びっくり。全く別物と考えた方がいいです。
基本的なヘッドの動きからして違います。
3Dパルスアクションという動きで、円形のヘッドが左右にぐるぐる円運動をするのに加えて、ヘッドが歯を叩くような上下運動も入ってます。もう、ちょっと笑っちゃいました。
ビ~ンッて感じで見た目ではわかりにくいですが、口の中に入れると明らかに違って強力。
「すみずみクリーン」や「初代」がポリッシャーだとすると、こいつはドリル。
同じ替えブラシ使ってるのにずいぶん違うもんなんだなぁ。えらい進化のしかたしてます。
ただ、モードがやたら多いのと、今どのモードを使ってるのかわかんないのが難点。
あと、友人に不評だった押しつけ防止センサー。グッと力を加えると回転が弱くなるやつです。
この機種にはついてなかったですが、携帯アプリと連動するものもあるそうです。
ぶっちゃけ盛りすぎ、こんなにモードや機能はいらないなぁ、めんどくさ! というのが正直なところ。
でもさすが上位機種なだけあって、振動と音はかなり静か。持ち手もスリムで使いやすい。
こんなに違うのかとちょっとびっくりです。

実際にはその後、私はPROを買うまでのつなぎで、せっかく買ったすみずみクリーンがもったいないので取りあえず壊れるまでと使ってました。でも3年使っても全然壊れなかったし、その間歯はきれいでピカピカ、虫歯になったりもしなかったので、これはこれで全然高性能だと思ってます。
現在PROを使ってますが、これはこれで文句なしの高性能。ぐりんぐりん歯を磨いてくれるのでつるっつる。歯茎も一緒に刺激してくれるのでこれもまた良し。これで歯が悪くなるなら逆に磨きすぎってくらいです。まあ、磨きすぎ防止の加圧センサーも付いてるのでそうならないとは思うけど。
結局モードは1種類しか使ってないです。携帯アプリがついてきたけど、面白がって使ったのは最初だけ。モードはどれか一つ自分に合ったのが見つかればそれ一択でいいんじゃないのかなぁ、と思ってます。

正直試してみたら、かなり違いがあったけど、どれを使ってもかなりの高性能ということは分かりました。
あとはお財布の中身との相談だけかなwww。

 

やっぱり替えのブラシヘッドが高い!

やっぱり替えのブラシヘッドが高い!

相当優秀な電動歯ブラシであるBRAUN(ブラウン) オーラルBですが、欠点もあります。
替えのブラシヘッドが高い!!
精密なおもちゃみたいなもんなので、作りが複雑。どうしても高くなっちゃうのは分かるんだけど、それでも高いよなぁ~。
ドラッグストアなんかで買おうと思うと、歯ブラシ売り場に置いてあるわけですよ。
そうすると100円ちょっとで売ってる歯ブラシがズラッと並んでる中に置いてあって、これ一個で普通の歯ブラシ10本単位で買えんじゃん、て、思わず躊躇しちゃうんですよね。一回プロテイン売り場とかを回って、うん、プロテインはもっと高い! ってインターバルを取ってから、結局買うんですけどね。
もちろん高いだけあって、普通の歯ブラシよりは長持ちします。私の使用頻度で2~3か月ぐらいで交換といった感じです。

正直ブラウンとフィリップスの替えブラシは高いっス。比較的安いのはパナソニックとオムロンかな。
こういう消耗品の部分で維持費的なコスパから電動歯ブラシを選ぶというのもありだと思いますよ。

さて、BRAUN(ブラウン) オーラルBの替えブラシですが、かなりいろんな種類が出ていて、どれを選んだらいいか迷いますよね。結構値段も高いので失敗したらマジ痛い。

マルチアクションブラシ、歯間ワイパー付ブラシ、ホワイトニングブラシ、スイングブラシ、パーフェクトクリーンブラシ・・・歯間ブラシなんてのもあります。
任せてください、全部試したことがあります。

使ってみた感想は、しかしまあ、いろんな機能がついてるのが出てますが、正直なところ、違いなんてほとんど実感できませんでした。
ホントにその機能が備わってんの?という「?」しかつかなかったです。

結局一番ポピュラーで安いベーシックブラシを使いこなすのがベスト。
自分でスタンダードを決めちゃう方法がおすすめです。

もしホワイトニング機能がほしければ、ホワイトニングの歯磨き粉や溶剤をちょっとつけてベーシックブラシで磨いた方がよっぽど効果があります。歯間ブラシもいらないです。ベーシックブラシを使いこなせるようになれば、普通に歯間もピカピカです。 コスパと機能で考えれば、断然普通のベーシックブラシの方がいいですよ。

ただし、上の比較でも書いてますが、上位機種の縦運動も入ってるタイプだと、歯をたたく動きも入ってくるのでベーシックよりまっすぐ毛が生えてないマルチアクションブラシの方がいいかもしれないです。

円回転の汎用タイプにはベーシックブラシがスタンダード。
円回転と縦運動がある上位機種はマルチアクションブラシがスタンダード。
これで決まりです。

ちなみに、やっぱり替えブラシはドラッグストアで買うよりAmazonの方が5本セットで1000円以上安いので私はAmazonで買ってます。
一応替えブラシのリストページ載せておきますね。

⇒ 電動歯ブラシ替えブラシリスト

 

私の歯の磨き方

歯医者いらずの私ですが、よく、どう歯を磨いてるの? と聞かれます。
別に秘密もないですし、普通に磨いてるだけですけどね。
でも、もしかしたらほかの人と極端に歯の磨き方が違っていると嫌なので、どんなことをしているか簡単に紹介しておきます。

まず、歯磨きは一日2回です。
朝、普通の歯ブラシで歯を磨き、夜電動歯ブラシで磨いてます。

朝は本当に普通です。
まずリステリンかGUMのマウスウォッシュでお口ぐちゅぐちゅ。口の中の殺菌のつもりでやってます。
そのあと普通の歯ブラシで歯磨き粉をつけて磨きます。
よく正しい歯磨き方法と言われているえんぴつ持ちの握りで細かくヨコスライドさせて歯周ポケットも狙う磨き方です。普通でしょ?

夜は電動ブラシの出番です。
私は風呂に歯磨きセットを持ち込んでます。なので充電式の防水仕様の電動歯ブラシはマストです。
毎日必ず忘れず歯を磨く方法って何かなぁって考えた結果、毎日入る風呂に持ち込むことが習慣になってしまいました。
湯船につかって、湯船に入っている間中歯を磨いてる感じです。

まずはリステリンかGUMのマウスウォッシュでお口ぐちゅぐちゅ。
次に電動歯ブラシで歯を丁寧に磨きます。
電動歯ブラシに何もつけない派と歯磨き粉をつける派に分かれるみたいですが、私は歯磨き粉をちょっとつける派です。なるべくなら研磨剤の入ってない歯磨き粉を選んだ方がいいらしいですが、高いんだよね。なので普通の歯磨き粉をちょっとだけつけますwww。
これは専用ではないですが、意外とブラウンでの利用者が多い歯磨きジェルで安くてオススメです。

コンクール ジェルコートF 90g

そのあとよく口をゆすいで、普通の歯ブラシで歯磨き粉を普通につけてもう一度磨きます。このブラッシングは朝とは違い上下に磨く方法で、基本的に磨き残しを舌でチェックしながら潰していくのと、意外と磨き残しがある歯間磨きを意識して磨いていきます。電動歯ブラシで面を、普通の歯ブラシで線をつぶしていく感じです。
もう一度口をゆすいでこれで終了。大体20~30分ぐらいかかりますね。

歯磨き粉はかなりいろんな種類をその日の歯の汚れ具合に合わせて使い分けてます。
ハードな研磨剤入りのものからフッ素入りのものまで、5~6種類、安いのばっかりですけどね。
歯磨き粉についてはまた別ページで解説しますね。

歯間そうじは一週間に一回ぐらいしかやってません。歯間ようじとか歯間ブラシとかは苦手なので、高校生の頃から使っているノーワックスのフロスを使ってやってます。
↓私がずっと使ってるシリーズです。

リーチ デンタルフロス ノーワックス 50m

大体こんな感じ。
参考になるのかなぁ???

 

電動歯ブラシの選び方

私はBRAUN(ブラウン) オーラルBを勧めてますが、正直今の電動歯ブラシだったらどれを選んでもかなりの高性能なので失敗はないと思ってます。
どれ使ったって、歯はぴかぴかです。

なので、ホントにあとは自分の感覚に合うかどうかだけだと思いますよ。
理詰めでこうだ! って選び方を限定したっていいんでしょうが、毎日自分の口の中に入れるものです、感覚が合わなかったら続けられないだろうし、苦行の始まりになっちゃいます。
実は私、毎回電動歯ブラシで歯を磨くのが楽しいんですわ。なんかちょっと遊び感覚になってるんですよね。そうじゃなければ続かないって。
出来ればそんな感覚になってもらえるものを選んでほしいんですよねぇ。

一番堅実で簡単な方法は、廉価版の音波振動タイプとブラシ稼働タイプの両方を買ってきて、試してみることです。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ すみずみクリーンEX 1モードタイプ

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン

廉価版? って、がっかりしないで、安心してください。
上でも書いてますが、廉価版でも、10年前は最新上位機種と同じ性能です。充分電動歯ブラシとしての役目は果たしてくれます。さすがにモーターは安いものを使ってるので、振動と音はやかましいと思いますが、これで上位機種の想像はつきますよ。

ここで重要なのは値段じゃなくて、口の中に入れて歯を磨いた時の感覚がどちらが自分に向いているか確認することです。
こればっかりはやってみないと分かりませんからね。

気に入った方の上位機種か、同じタイプのメーカー違いを探すというのがベストだと思います。
向いてなかった方? ヘットを替えて友達とかにあげちゃえばいいんです。一番いいのは、親にプレゼントしてみてください。ものすごく喜びますよwww。

ぜひ自分にぴったりの電動歯ブラシを見つけて、長~~くブラッシングしていってください。
きっとあなたも歯医者いらずになっちゃいますよ♪

 

おすすめ電動歯ブラシまとめ

ページが長くなってしまったので、おすすめ電動歯ブラシが分からなくならないようにまとめてみました。 意外とモデルチェンジが早いので購入を考えている人はマメにチェックしてみてください。

おすすめブラシ稼働タイプ電動歯ブラシ

やっぱり一番のおすすめは、BRAUN(ブラウン) オーラルBシリーズです。ブラシ稼働タイプって、実はメーカーでそんなに選択肢がないんですよね。あのメカニカルな動きでほとんど故障らしい故障がないというのもブラウンのすごさだと思います。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO4000

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラチナブラック 7000 D365356XP スマホアプリ連動 ブラック

【Amazon.co.jp 限定】ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ ジーニアス 9000 ブラック

 

おすすめ音波振動タイプ電動歯ブラシ

私の口には合わなかったですが、こちらが合うという人もかなりの数いると思います。音波振動タイプは、むしろ主流といてもいいぐらいで、メーカー別でも結構な選択肢がありますよ。

【Amazon.co.jp限定】フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ヘルシーホワイト

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 青 EW-DE44-A + 替えブラシ イオン用ダブルエッジタイプ 4本組

 

おすすめ汎用版電動歯ブラシ

一応これもチェックしておいてもいいと思います。意外と安かろう悪かろうがないのが特徴で、安いくせにポイントはしっかり押さえてるものが多く、持ち歩きに便利なものなど、バリエーションも豊かなものが多いですね。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ すみずみクリーンEX 1モードタイプ

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ シルバー

 

替えブラシのリストページ

絶対なくちゃいけないものなので押さえといてください。これっていうブラシが決まっているなら、5本セットぐらいがいいですよ。5本あれば、ほぼ一年もってしまいます。

⇒ 電動歯ブラシ替えブラシリスト

 

 - ファッション, 男の美学 , , ,