腹筋は男の美学

筋トレと男のこだわり。肉体改造とダイエットで健康でカッコいいモテる男になる!

レザージャケット・革製品・革ジャンの手入れの方法1

      2018/05/18

レザージャケット・革製品・革ジャンの手入れの方法1

おじさんは革製品が好きwww。

靴、財布、小物、ベルト、バッグ、手帳カバー、名刺入れ、手袋などなど、おじさんにとってそこそこ高い革製品は「おじさんの威厳」を保ってくれる必須アイテムです。
そこにプラスするのは、革ジャン、テーラードのレザージャケットです。
若い時に着るとおじさんになってもなかなか手放せないアイテム。
おじさんになって手に入れると死ぬまで使える一生モノのアイテムになってしまう、良いんだか悪いんだかよくわかんないウエアですわwww。

マッチョが若い時着ると、パツンッとした張りとルーズさがワイルドでかっこいいんですが、おじさんになってくると、今度は革の余った皺と張りがいい感じになってきます。うまく着こなせばちょい悪オヤジだって気取れます。おじさんが気をつけないといけないのは、若い時のイメージと革のイメージでワイルドさが前面に出すぎてるとこですよね。おじさんになったらワイルドじゃなくて上品さを出さないとダメ。
ちょっと金持ってそうなイメージに見えるぐらいがいいね。

私もここ4~5年はテーラードのレザージャケットが手放せなくなってきました。
私はバイクも乗るので革ジャンも何着か持ってますが、街着でウロウロする時はもっぱらテーラードのレザージャケットです。
スーツのジャケットと同じ作りになってる2つボタンのタイプと3つボタンタイプ、カーコートタイプと結構持ってます。
何がいいって、このタイプはどこに着ていっても結構サマになること。
しかもほぼ3シーズン同じのを着てても変に思われないww。
一般的に革は着込んで体に合わせると思われてるので、ずーっと着てても変に思われないんだよね、むしろおしゃれとか言われてウシシッwww。
なのに金持っててちょっとダンディにみられるという超お得ウエアww。
厚手薄手といろいろ持ってるけど、ライフサイクルを考えると10年単位で着られるので、とんでもなくコスパがいいんじゃないかと思いますよ。
ただし、筋トレしてる人は要注意なのが、サイズです。
ただでさえ最近の革ジャケットは細身なのに加えて、ワンシーズンで体の大きさを二回り大きくするようなトレーニーは、革ジャケットは確実に入らなくなっちゃいますwww。まあ、他の服も同じと思えば同じですが、伸び縮みしない素材なので、その点だけは結構シビアなのでチェックしておいた方がいいです。

実は私、ほとんどこのテーラードジャケットだけで会社のカジュアルデーというやつを乗り切ってますwww。
女子社員の厳しいチェックを毎回同じジャケットなのに「革だから・・・」というよく分からない理由でOKになってます。「まだ体になじませてるんだよね、本革って馴染むのに5年ぐらいかかるから」なんて適当なことを言ってたら本気にしてやんのwww。おじさんの革ジャケット、しかも胸板の厚いマッチョが着てると、相当威嚇できるみたいで、ビジネス面でも結構使えてますwww。

さて、ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、おじさんに便利な革製品はちゃんと手入れをしないとゴアゴアになっちゃったりカビが生えたりと結構大変です。
ネット上でも探すと革製品の手入れの方法が大量に出てきまが、正直どれがいいんだかよく分からん! っていうこと多いっすよね。中には革専用洗剤で洗濯しちゃう強者もいたりするし、こんなに面倒だったら革なんかいいやって、私だって思うもんwww。

と、いうわけで、ズボラな私が普段やっている革製品の手入れの方法をお教えします。
基本革の財布や小物も同じなので同じ方法でやってみてください。
この方法で私は20年前の革ジャンが今だに普通に柔らかく、生きて使えてるので問題ないと思いますよ。

 

レザージャケット・革製品・革ジャンの手入れの前提条件

前提条件っていうのはちょっと大げさだけど、私は基本的にスエード、ムートン、ヌメ革、蛇革、ワニ革といった起毛革とエキゾチックレザーというのは持ってません。一般的な表革(スムースレザー)ばっかりです。

この手の革は手入れが難しく、ランニングコストがめちゃくちゃかかると私の若い頃から有名だったので、ほとんど手を出したことがありません。昔スエードの靴に手を出して痛い目にあったことがあるので、それ以来まったく触ってないです。
なので、私の手入れの方法は基本表革(スムースレザー)オンリーだと思ってください。

また、私の中では、靴、カバン、その他の革製品という括りで手入れの方法が全く別物という感覚でいます。
共通部分も多いですが、靴やカバンは固い革でカラーを使ったワックスを塗り込んで色落ちを防いだり、補修も兼ねていたり、鏡面磨きをしたりと、技術的に別物って感じがしてます。
まあ、共通部分があるので使えるものは使ってもらうとして、基本はレザージャケット、革ジャン、財布、ベルトといった日常的な小物までという感じですかね。

革製品はライフサイクルが長いので、うまく付き合ってあげてください。

 

レザージャケット・革製品・革ジャンの日常的な手入れ用品

レザージャケット・革製品・革ジャンの手入れの方法

実際メインで手入れに使っている用品はこれだけです↑。

普段の手入れはブラシと柔らかいタオルだけ。
よくニベアやベビーローション、ワセリンを塗る人もいますが、私は基本的になんにもしません。
かえって栄養過多になって、夏場にカビが生えるので、やらない方がいいです。
これら肌ケアと同じものが必要になるのは、乾燥していて湿度が低い国の場合で、日本のように高温多湿の国ではやりすぎだと思いますよwww。それより年一回の手入れをしっかりやっておいた方がよっぽどいいです。

さて、普段の手入れですが、一日着たら脱いだ時、軽いブラッシングか、たまに柔らかい布で軽く乾拭きするだけでOKです。

革は基本生きているので、軽く表面をこすってやるのを繰り返すと、油分が革の中から染み出てきます。この油分が光沢と表面保護をしてくれます。また、この油分が防水効果もはたしてくれるわけです。
マメなブラッシングと乾拭きって、簡単な割にかなり効果的な手入れ方法だったりするんですわ。


[コロニル] コロニル 馬毛ブラシ

ブラシは柔らかめの馬毛と硬めの豚毛の二種類ありますが、私は馬毛しか使ってないですね。
クリーム塗りや艶出しには豚毛の方がいいといわれてますが、靴用のやつがあるし、ウエアにはちょっとキツイと思っているので、私はほとんど全部に専用の馬毛ブラシを一本買ってこれオンリーです。
ブラッシングの時に気づくと思うんですが、ブラッシングは革の繊維に沿って、上から下に向かってブラッシングしてください。触っても分からないですが、ブラシを通すと、革の表面が巡目と逆目になっているのが分かると思います。ブラシがザラッとする方向が逆目。スーッと流れる方向が巡目です。流れに逆らわず、巡目でブラッシングしてください。乾拭きの時も同じです。まあ、普通は繊維の方向は上から下に向かって流れるように縫製されているはずなので、分からなければ肩から裾の方向に向かって行ってください。

ブラッシングも乾拭きも軽くですよ、しつこくゴシゴシやったり過干渉はいけません、距離感が大事。女性と一緒ですよwww。しつこくしすぎると逃げていっちゃいますよwww。程よい距離感を保ってください。

さて、日常的なほこりや汚れはほとんどこれで落ちてしまうんですが、ひどい汚れがついてしまったり、汚れがこびりついてしまった場合は、

  • 水で濡らしたタオルをよく絞って拭く。
  • クリーナーで落としてみる。

このどちらかを試してみてください。
これは革製品全般ほぼすべてに共通です。
革財布なんかも、エイジングじゃなくて汚れで薄汚いと最悪です。そういう場合は試してみてください。

水で濡らしたタオルをよく絞って拭く場合、最初はポンポン叩く感じで汚れを落としてみてください。
これで落ちなければちょっと押す感じであまり擦らないように注意。
もしこれで汚れが落ちたのであれば、自然に乾かした後、革用クリームを薄く塗って、栄養を補給してあげてください。

これじゃあとても落ちないって場合はクリーナーやレザーソープの出番です。
正直めったに使わないんで、革靴用をそのまま使ってます。革靴用でも全然大丈夫ですよwww。

私が持ってるのはこれ↓

 


[コロニル] 汚れ落とし ユニクリーム 50ml

 


[コロニル] 汚れ落とし レザーソープ 200ml

 


Leather Honey レザークリーナー 全米の職人が愛用するプレミアムなレザーケア製品

ぶっちゃけコロニルのクリームでほとんど事足りてしまいます。
レザーソープやLeather Honeyは、薄い色のレザーの場合や年に1回、シーズンオフの時クローゼットにしまう時に目立った汚れ落としで使うかどうかぐらいですんでしまってます。
Leather Honeyは小物や財布の黒ずみや汚れを取るのにたまに使ってるぐらいでウエアにはほぼ使ったことがないですわwww。

こちらも汚れ落としをした後は、自然に乾かした後、革用クリームを薄く塗って、栄養を補給してあげてください。

こんなもんかなぁ? これでほぼ日常的な手入れはすんでしまいます。
革って手入れに手間がかかるってイメージだけど、日常的にはこんなもんですよ。
意外と簡単でしょ?

 

レザージャケット・革製品・革ジャンの防水スプレー

革製品に防水スプレーは必須です。
革に水が吸い込んでしまうと縮んだり伸びたり部分的に変色したり結構大変。痛みが出てくるので寿命にもかかわってきます。
それを予防するのに使われるのがもっともポピュラーな方法で、防水スプレーをかけることです。
革靴やカバンなんかは結構しっかり防水スプレーをかけてます。
私のバイク用の革ジャンも、いつ突然雨に降られるか分からないので、ガッチリシッカリ、防水スプレーをかけて水分シャットアウトしてます。

でもね、普段着で使ってるレザージャケットの場合、この防水スプレーを使うのにも良し悪しがあったりするんだよね。
そもそも雨が降りそうなときは着ていかないし、表革(スムースレザー)の場合、革の表面自体に油分があるので水が染みにくい。つまり防水が必要な部分は縫合されている部分や糸の部分から水が入り込まないようにすればいいってことで、そこだけクリアしちゃえばいいってことになります。

何でこんなことを言っているかというと、私も最初の頃、革ジャンを買ったら全体に染み込むぐらい防水スプレーをかけてました。防水スプレーの説明書にそうしろって書いてあるんだもの、まじめに一着に丸々一本使う感じで吹きかけてました。
でもね、これやると、せっかくの落ち着いた色合いの表面の革がテッカテカになっちゃうんですわ。
特にゴート革のジャケットなんて、使い込むと艶消しの渋い革色になるのにテカテカwww。
せっかくの革の経年劣化もクソもないッスわwww。
枚数あると一着一本で、それだけでも毎年相当な出費です。ちょっと洒落にならないwww。
ちなみに元の落ち着いた輝きに戻るのに、この防水スプレーのかけ方をやめて、2年ぐらいかかりました。

そもそもフッ素系とシリコン系と二種類あるそうなんですが、今だにどう違うのかよくわかんないですwww。

んで、ここからは、とある撮影現場で出会った、カッコいいAVIREXのダブルライダースを着こなしていたスタイリストさんに教えてもらった方法です。
ちなみに、私のテーラードのレザージャケットの感想は「説明書通りのやり方をまじめにその通りやってんでしょ、やりすぎだって。ちょっと足りないぐらいでないと、良い感じの経年劣化の味が出ないよ」だってさ。思ってた通りでしたwww。

私が使ってるのはこの2本。スタイリストさんに教えてもらったやつです。

 


[コロニル] Collonil 防水スプレー 1909 シュプリームプロテクトスプレー 200ml

 


[コロニル] 防水スプレー ウォーターストップ 400ml

両方ともコロニルの防水スプレー。
シュプリームは防水・栄養スプレー、ウォーターストップは強力な防水スプレーです。
シュプリームの方は新しく買った革ジャンに最初に使う一回だけ。それ以降はウォーターストップを使っていくって感じで使い分けてます。

防水スプレーは月一で使うって人も多いと思いますが、私はシーズン中2回しか使いません。
秋口のシーズン初めのクローゼットから出した時1回、次の年の2月ぐらいに1回ぐらいのペース。
よほど雨雪が厳しい年でない限り、こんなもんですwww。

新しいレザージャケットにシュプリームを使いますが、説明書通りだと近距離からジャケットの表面が濡れるぐらい吹き付けて、しかも乾かしながら3回もやることになるので、一回の使用で防水スプレーが空になります。これをやると革の色が濃くなって、表面がビニール加工されてるみたいにテカテカになっちゃうんですよwww。
正直これはやりすぎw。
使用量はボトルの半分ぐらい使う感じで、2回でOKです。
1回目は革の表面が濡れるか濡れないかギリギリぐらいで全体をスプレー。もし濡れてしまうぐらい吹き付けてしまったらタオルでふき取りながら全体を万遍なくコーティングします。
そのあと乾かして、2回目は革と革の接合部分と縫ってある糸部分を中心にスプレーして終わり。
これだけです。
ちょっとテカってしまいますが、変な塗りムラが出ないように気をつけてください。

年二回の防水スプレーはウォーターストップを使いますが、これも説明書を読むとシュプリームと同じようなことが書いてあります。ただ、これも洋服のプロのスタイリストから言わせるとやりすぎだそうです。

ジャケットをハンガーにかけて、それを持ってる状態で上からスプレーの霧をフワーッとかける感じ。
防水スプレーの霧の中をフワッと通すぐらいの感じOKだそうです。
普通洋服物の防水ってこんなもんらしいです。革ジャンだけやたらしつこく防水するのは変だって言ってました。
私もこの方法に切り替えましたが、実際スプレーを拭いてる時間は20秒ぐらい、30秒はかけてないと思います。
この方法にしてから防水スプレーが減らない減らないwww。
表面もテカらなくなって超いいです!!

こんな簡単な防水で効果の違いはどうなのって思うでしょ? 正直私も分かんないですwww。

だって、そもそも雨や雪が降りそうなときは着ないし、テーラードだと上にコート着ちゃうから雨にも濡れないし、20年近く革を着てるけど、実際に突然の雨で濡れたってことは、過去2回しかないです。覚えてるぐらいだから、本当に稀だったんだと思います。
振り返ってみると比較対象どころか経験すらなかったことに愕然としましたわwww。
防水スプレーってお守りぐらいの感覚だったんだって気がついたことの方が大きいです。

よほど雨の中が大好きな人か、よほどの雨男でない限り、そんなに防水スプレーをガッチリかける必要があるのかどうか、一度考えてみた方がいいかもしれないです。
その必要性が、あれ? そういえば・・・という人であれば、私程度でも充分防水効果があるし、革自体にも油分があるのでそうそう大変なことにはならないと思いますよwww。

ただしバイク用の革ジャンの場合は話は別ですからね。これは雨風を受けることを大前提にしているので、しっかりガッチリ防水してください。土砂降りの中を走ることはちょいちょいあるのでwww。

ちなみに、財布や小物の防水は、あんまりしてないですね。
小物類に防水スプレーをかけちゃうと、滑るんだよねwww。財布に防水スプレーをかけた時、支払いで財布が手の中で滑って中身をぶちまけたことがあったんで、あんまりお勧めしないッスwww。

 

レザージャケット・革製品・革ジャンの手入れの方法

小物類は柔軟性と防水効果、変にべたべたしなくて滑らないっていう意味では、革用クリームの方がおすすめです。 これ使うだけでもかなり違いますよ。
長持ちするようになるし、革がかなり柔らかくしっとりしてきます。
注意点は無色のカラーレスを使ってください、色がついてるタイプは革靴用です。
これを使っちゃうと靴墨つけたものを持ち歩いてるようなものなので、あちこちに色汚れをつけて大変なことになっちゃいます。気をつけてください。

さて、今回前置きと日常的な手入れの方法だけでページが結構な長さになってしまったので、ここでページを分けたいと思います。
続きでオイルを塗るタイミングやレザージャケットのシーズンオフの保管方法なんかを書きたいと思ってますよ。

革製品、下手したら一生モノの相棒です。日々のケアで大切に使ってあげてください。

 


革製品・バイク用品のリューグーレザーズ!

line


本物指向の革ジャン、レザージャケット、革製品なら革専門店レザーハウス

line


皮ジャン皮パンのラックス LAX

line


[コロニル] コロニル 馬毛ブラシ

line


[コロニル] 汚れ落とし ユニクリーム 50ml

line


[コロニル] 汚れ落とし レザーソープ 200ml

line


Leather Honey レザークリーナー 全米の職人が愛用するプレミアムなレザーケア製品

line


[コロニル] Collonil 防水スプレー 1909 シュプリームプロテクトスプレー 200ml

line


[コロニル] 防水スプレー ウォーターストップ 400ml

line


[コロニル] Collonil 栄養クリーム 1909 シュプリームクリームデラックス 100ml

 

 - ファッション, 男の美学 , , , , ,